65年間、ともに歩んだ「おしどり夫婦」のメモリアルフォト

結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん。ふたりは記念日に合わせてお祝いの写真を撮ることにしました。

半世紀以上をともに歩んできた、おしどり夫婦。写真を通して伝わってくる、幸せなふたりだけの時間。憧れちゃいますね。

ふたりが一番好きな趣味、読書の様子もパシャリ。

撮影を担当したフォトグラファーのMegan Vaughanさんは、5年前のダイアモンド婚でも彼らを撮影した人物。変わらず元気な老夫婦との再会を楽しんだそうです。ただひとつ違ったのは、妻Rubyさんの認知症が進行した事実。

5年の月日は、残念ながら彼女の記憶の中からMeganさんの存在を完全に奪い去っていたようです。それでも、Rubyさんの温かいおもてなしは健在だったそうで、「彼らの家にうかがったら、まるで家族みたいにハグして出迎えてくれたんですよね」と。

カメラを構えキスのオーダーをすれば、「あら、まだ足りなかったかしら?」茶目っ気たっぷりに答えたそうですよ。

たとえ、思い出せないことが
増えたとしても…

幸いにも、認知症はまだRubyさんの記憶から夫Haroldさんの存在を、完全には奪い去っていないよう。ここに並んだ数枚の写真がその証です。

幾度となく重ねられ、ぬくもりを交わし合ってきたであろう夫婦の手には、年輪のように深く刻まれたシワ。65年という気の遠くなるような歳月の“深み”が、この1枚に凝縮されているように思えませんか。

Licensed material used with permission by Megan Vaughan, (Facebook), (Instagram)
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
大事な命を授かって間もなくして、離れ離れに暮らすことになった夫婦。アメリカから約7,000マイル(約11,000km)先の日本に行く愛する人の無事を祈りな...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。