元ギャングが、タトゥーの消された自分の姿を見たら…

もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。

そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつくりました。彼は400時間以上もかけて、LAの元ギャングが全身に入れたタトゥーを“除去”したのです。

「Homeboy Industries」という、元ギャングへの教育や支援を行っている団体のメンバーがタトゥーを除去するプロセスを見て、このコンセプトを思いついたのだとか。

笑い、沈黙、涙。
「これは、深いストーリーになる」

5501295ecbf69a55e29f37d35a53aaaccee886ab

参加者のMarcusは、タトゥーが取り除かれた自分の写真を見せられたときに、何と言ったら良いのかわからず、笑い出してしまったそうです。そしてその後、重たい沈黙が彼を包み込み、目には涙を浮かべていたのです。

その様子を見たスティーヴン。「これは深いストーリーになる」と。

7047dfe521591bd9d40ea1684b6f6117369a01d6

この一連のプロジェクトのタイトルは「Skin Deep: Looking Beyond Tattoos(肌の向こうに:タトゥーを超えた眼差し)」。

タトゥーの与える印象だけでなく、元ギャングたちの痛ましくも、希望にあふれた「ストーリー」に焦点をあてようとしているそうです。

11960ef173c861279165d88bc15ac719e9cbe788D3182d0704cfacd438f194f365277e36a8ec328889a045a95cceb2b4f975bce2faa29b1ad0f4f3ab

参加者は、男女27人の元ギャング。スティーヴンは172ページにも及ぶ写真集にまとめ、現在Kickstarterにて支援を募っています。

0a5d70ba99d4a111051335bfbd28ac8b3d9fb567
Licensed material used with permission by Steven Burton
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
人々の願いをフォトショップで解決するのは、James Fridman。確かにリクエストに対して応えてはいるかもしれないれど、どこかズレている。悪ノリしてい...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...