「白」は一色じゃない。アルビノの人たちにフォーカスした写真家

白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。

彼女はアルビノの人たちにフォーカスし、モデルたちの協力のもと、白いトーンでまとめた作品を制作しました。普段はPhotoshopを使い様々な編集や加工を行なうという彼女も、今回の作品では「あるがまま」をテーマに、そういった画像処理などは一切つかわない作品にまとめたそうです。

ひとつとして
同じ「白」はない

たくさんの出会いに恵まれて、協力や励ましを得ながらこのシリーズを作ったというYuliaさんは、こう語ります。

「どの写真も、他の色は加えずに白いトーンで撮ったの。『白』ひとつとっても、こんなにもいろんな色があるんだって、びっくりしませんか?たくさんの色合いや、影、トーンがあるのです」

画面に映るのは白一色。でも、本当は「一色」ではないんだと気付かせてくれるくらい、たくさんの白があるんですね。

Licensed material used with permission by Yulia Taits
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
大阪のセレクトショップ「Silver and Gold」のオリジナルブランド「SGGM」と「SUBTLE authentic」を紹介。