「白」は一色じゃない。アルビノの人たちにフォーカスした写真家

白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。

彼女はアルビノの人たちにフォーカスし、モデルたちの協力のもと、白いトーンでまとめた作品を制作しました。普段はPhotoshopを使い様々な編集や加工を行なうという彼女も、今回の作品では「あるがまま」をテーマに、そういった画像処理などは一切つかわない作品にまとめたそうです。

ひとつとして
同じ「白」はない

アルビノの子ども

たくさんの出会いに恵まれて、協力や励ましを得ながらこのシリーズを作ったというYuliaさんは、こう語ります。

「どの写真も、他の色は加えずに白いトーンで撮ったの。『白』ひとつとっても、こんなにもいろんな色があるんだって、びっくりしませんか?たくさんの色合いや、影、トーンがあるのです」

アルビノの女の子アルビノの男の子アルビノの赤ちゃんアルビノの女性アルビノの男性アルビノの女の子と犬アルビノの女性 モデルアルビノの男の子アルビノの男性 折り紙アルビノの男性とねずみ

画面に映るのは白一色。でも、本当は「一色」ではないんだと気付かせてくれるくらい、たくさんの白があるんですね。

Licensed material used with permission by Yulia Taits