「空飛ぶ子猫」には、カメラマンの動物愛が詰まっていた

キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。

でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びかける目的で撮られたもの。撮影したセス・キャスティールさんは、生き生きと躍動感のある写真を撮ることで、そのメッセージを込めました。

01.
あなたを待っている猫がいる

もし猫を飼いたくなったら、動物保護施設や、地元の里親探しを行っているNPO法人などをあたってみてください。きっと、あなたを待っている子猫がいるはずです。

02.
飼うなら2匹以上で

猫って「なんだか気まぐれで、自分が甘えたいときだけ寄ってくる」というイメージがありますが、本当ははとっても甘えん坊で寂しがり屋。

昼間あなたが仕事で家を空けている間、とっても寂しい思いをしているかもしれません。

猫は本来、「猫社会」を形成する動物。だから、できれば2匹以上同時に飼ってあげてください。猫同士のじゃれ合いをみるのも癒されますよ。

03.
「爪とぎ」をさせてあげて

お迎えした猫は、部屋の中で飼うことが多いと思いますが、カーテンや家具へのいたずらは困りもの。

なかでも「爪とぎ」を家具や柱でやられると、ボロボロになって大変です。でもだからと言って、爪を切っても「爪とぎ」しなくなるとは限らないし、猫のストレスにもなりかねません。

猫の「爪とぎをしたい気持ち」と、飼い主の「ストレス」。そのどちらも解決するには、爪とぎする場所を決めて、そこでとぐようにしつけるのが一番です。

04.
毎日アクティブに
遊んであげる

猫に散歩は必要ないけど、家のなかだけでは運動不足になりがち。変化が少ない毎日は、猫にとってもつまらないでしょう。

なでなでするだけではなく、毎日積極的に遊んであげてください。猫じゃらしなどを使ってアクティブに遊ぶことで、生き生きした表情が見られますよ。

可哀想な猫たちを
増やさないために

「猫は、1度に2~6匹の子どもを産みます。動物保護施設や保健所で処分されてしまう猫たちを増やさないためにも、避妊や去勢は必要です。手術をするなんて可哀想、と思う人も多いかもしれませんが、もっと可哀想な猫たちを生み出すより、ずっといいはずです」

と、セスさん。

避妊や去勢は、病気を防いだり、発情期特有の行動やストレスを軽減してくれるというメリットもあると言われています。ただ、何より一番大切なのは、猫を家族として最後まで可愛がってあげることですよね。

Licensed material used with permission by Seth Casteel, (Twitter), (Facebook), (Instagram), (Book)
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...