暗い過去を持つ動物たちとの「ビビッドなポートレート」

ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。

このシリーズはフォトグラファー・Natasha Wilsonさんによるもので、同じ世界に共に生きることをテーマに作られているそう。

闇から救い出された
動物たち

ここに写っている動物たちはみな、不法な取引によって所有されていたり、捨てられていたり、母親の育児放棄によって保護施設に引き取られたりといった過去を持っています。

サーバルキャットのMonzoは11歳。アフリカの優しい老猫です密猟されていたところを保護されました。

Dobieは1歳のフェネックギツネ。育児放棄されていたところを救助されました。一刻も早く、他のフェネックの群れに帰れますように。

Animal Tracksには5匹のフェレットがいます。不法に所有されていたところを救助されました。今ではみんな愛情を注がれて、兄弟のように仲良く生活しています。

Scoutは5歳の、オオカミと犬の雑種です。人なつっこく、誰とでも仲良くできる優しい性格です。彼は健康状態の問題で、映画業界から引き取られてきました。

Lukeは7歳のリスザル。スター・ウォーズのレイア姫に愛されていたサルとして有名な種類です。この子は個人に所有されていたとき、別のサルとの争いで右手の指を全て失いましたが、今は平和に暮らしています。

テンジクネズミ。2歳です。所有者に捨てれていたところを保護されました。靴紐と美味しい食べ物を何より愛しています。

Erminatorはビルマニシキヘビ。1990年代後半から保護されていて、今年20歳になります。

キンカジューの二匹。Honey Bearは他の施設から引き取られ、Lunaは母親から襲われたことが原因で保護されています。

オウムのJakeとCamiです。ペットとして飼育されていましたが捨てられました。動物園の職員さんと食事をすること、音楽を聴くことが大好きです。

Frank the Tankは4歳のアルマジロです。彼は孤独とカリカリした昆虫と大きな砂塵、そして穴掘りを心から愛しています。

自然環境の中で生きられなくなった彼らと共存すること。その力強さが、彼女の写真には表れているのかもしれません。

Licensed material used with permission by Natasha Wilson, (Instagram)

関連する記事

まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
長野のイタリアンレストラン「ピュルンゴ」でジビエ料理を提供するオーナーシェフの長崎晃は、駆除された野生動物の皮を有効活用すべく、ライフスタイルブランド「I...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
「AR動物と一緒なら、いつもの日常が動物園に」というコンセプトのもと、昨年リリースされた「AR(拡張現実)機能」に、さらに50種類の動物が新登場。この機能...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
なんだかちょっと疲れたな、という人は、これから紹介する動物たちの動画を見て、ほっとひと息ついてみては。猫がドミノしたり、モルモットがポッキーゲームしたり、...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
先日、インドネシアのスラウェシ島にて世界最古の動物アートが発見されたことが発表された。年代決定の専門家が絵の表面に残る方解石の分析をおこなったところ、その...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...