この関係は正しいの?と考えさせられる「動物たちの写真」

動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも、動物たちにとってはちょっと迷惑なところもあるのかもしれない。

そう考えるようになったのは、カナダで活躍するフォトグラファーPhilip Kanwischerさんの作品と出会ったのがきっかけです。彼の写真を見て、なんだか違和感があると思う人は多いはず。実は、そのひっかかりがとても重要で、そこに私たちと動物たちとの関係を考え直すためのメッセージが込められているんです。

ここから一緒に歩んでいこう

A6ae9dda46721c906e46e1d541a3815153ac5858

誰かが勝手に決めるんじゃなくて、同じところから同じものを見て一緒に進んで行こう。

影響し合って生きている

0e01ddc1c87a44d7d40b126f30eee6c8a2b0a0d2

テレビから受ける影響って大きいと思う。私たちも動物たちにどれだけの影響を与えているか考えてみてもいいかもしれない。

こっちにおいでよ

9a85a1d486098539fbd1b3b21f15e1d94347871f

そうやって、人間は自分たちがいいと思うところに連れて行こうとするよね。でも、僕たちの本当の気持ちは違うかもよ。そろそろ本当の気持ちに気づいてよね。

自由なんかじゃない

0aec845653f16b10ba453971ea831a76128ac75a

広々とした大自然だけど、狭い円の中にしか居場所がない。こんな風に人間が与えてくれた環境は、とても素晴らしいものに見えるけど実際は窮屈に感じていることもあるんだよ。それがわかれば、動物たちは本当の自由を手に入れることができるはず。

ちゃんと受け止めて

6cce1a519aec0f029a335575742e10d7d6ec7e20

大きくて重い熊が落ちてきたらどうする?自分たちには助けられないって思う人は多いはず。無力だとあきらめる前に、ちゃんと向き合ってみて。

理想の関係

Da151a9c34b6df40fa39abf2d827b45b8ea82440

もしも、誰かが道で困っていたら見捨てる人は少ないはず。でも、動物がピンチのときは、救おうとする人はどれだけいるのでしょう。人間が助け合うように、動物とも助け合えばいい。

これが今の状況

990e5927edd192461be0c42b4537e5500e4a4042

水の中を歩くのは見ているよりもずっと大変だけど、人間との関係はこんな感じ。無理やり進み続けるのは辛いから、一度立ち止まって考えてみようよ。

静かなままでいいの

3a8e77ffef4c76bdc98df3e672df7c57da21499a

時には騒ぎ立てずに、そっと見守るのも大切だって覚えておいて。そのままの状態で静かに眠りにつくのが一番の幸せだから。

B46533dbe151b3dcf972230198acf8268f6f44817b9ccaf6baa4dc03e75ecbe3abb9f12a812ba4ff

Philipさんは、自然を保護するために人間がどこまで介入していくのかを表現するために野生動物を撮影し続けているそう。

彼の写真は、決して過激なものではないけれど、じわじわと心に刺さります。助けてあげようという一方的な気持ちじゃなくて、歩み寄って分かち合う関係の方が本当の意味で彼らの生活を守ることに繋がるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Philip Kanwischer
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...