この関係は正しいの?と考えさせられる「動物たちの写真」

動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも、動物たちにとってはちょっと迷惑なところもあるのかもしれない。

そう考えるようになったのは、カナダで活躍するフォトグラファーPhilip Kanwischerさんの作品と出会ったのがきっかけです。彼の写真を見て、なんだか違和感があると思う人は多いはず。実は、そのひっかかりがとても重要で、そこに私たちと動物たちとの関係を考え直すためのメッセージが込められているんです。

ここから一緒に歩んでいこう

誰かが勝手に決めるんじゃなくて、同じところから同じものを見て一緒に進んで行こう。

影響し合って生きている

テレビから受ける影響って大きいと思う。私たちも動物たちにどれだけの影響を与えているか考えてみてもいいかもしれない。

こっちにおいでよ

そうやって、人間は自分たちがいいと思うところに連れて行こうとするよね。でも、僕たちの本当の気持ちは違うかもよ。そろそろ本当の気持ちに気づいてよね。

自由なんかじゃない

広々とした大自然だけど、狭い円の中にしか居場所がない。こんな風に人間が与えてくれた環境は、とても素晴らしいものに見えるけど実際は窮屈に感じていることもあるんだよ。それがわかれば、動物たちは本当の自由を手に入れることができるはず。

ちゃんと受け止めて

大きくて重い熊が落ちてきたらどうする?自分たちには助けられないって思う人は多いはず。無力だとあきらめる前に、ちゃんと向き合ってみて。

理想の関係

もしも、誰かが道で困っていたら見捨てる人は少ないはず。でも、動物がピンチのときは、救おうとする人はどれだけいるのでしょう。人間が助け合うように、動物とも助け合えばいい。

これが今の状況

水の中を歩くのは見ているよりもずっと大変だけど、人間との関係はこんな感じ。無理やり進み続けるのは辛いから、一度立ち止まって考えてみようよ。

静かなままでいいの

時には騒ぎ立てずに、そっと見守るのも大切だって覚えておいて。そのままの状態で静かに眠りにつくのが一番の幸せだから。

Philipさんは、自然を保護するために人間がどこまで介入していくのかを表現するために野生動物を撮影し続けているそう。

彼の写真は、決して過激なものではないけれど、じわじわと心に刺さります。助けてあげようという一方的な気持ちじゃなくて、歩み寄って分かち合う関係の方が本当の意味で彼らの生活を守ることに繋がるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Philip Kanwischer

関連する記事

まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
動物愛護団体「PETA」が「あつまれ どうぶつの森」でヴィーガンになるガイドラインを公開。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
10月27日、野生動物が時折みせるオモシロさと自然保護活動の大切さを広める写真コンテスト「Comedy Wildlife Photography Awar...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「AR動物と一緒なら、いつもの日常が動物園に」というコンセプトのもと、昨年リリースされた「AR(拡張現実)機能」に、さらに50種類の動物が新登場。この機能...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...