もしかしたら泣いているのかも。動物からの「SOS」を見落とさないで。

今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思いやることはできるのに、不思議と他の生き物についてはあまり考えていない気がするんです。

トルコを拠点に活動しているSaid Dagdevirenさんの作品は、自分たちが動物にどんな影響を与えているかをダイレクトに表しています。私はこれを見て、野生で暮らす彼らの悲しみに気づかされました。

見えないところで
傷ついている動物たち

0a791688e42a5912d89d6dcf1455d3f83378edbd

どんどん火が広がるように、人々の暮らしも大きくなっていく。でも、本当に動物たちの住処を奪ってまで、豊かにする必要はあるの?

27bd6efefe7527d75dfae544e3f7201b2be801cc

削っているのは土だけじゃない。僕たちの心も一緒に傷つけているんだよ。

9d78179aef736e21de9a16d7e193582b26da22dc

大好きな海が汚されていく。苦しくてたまらない。

C14620633fbab531365543e5fc3712a6c0e2c9af

気づいたら、自分にとって大切なものは何もかもなくなっていた。周りにあるのは、人間たちが作ったものだけだった。

Bdb7f03317800585d9af694de16b1e6285897fa4

地球にいるのは人間だけじゃない。会話はできないけど、他の生き物の生活を考えることはできると思います。

私たちがもっと謙虚に生きれば、動物たちは今までよりも幸せに暮らせるのかもしれません。

B40c9a2a832615cdd68eefabbcd14d1fa558bf0e6f65ea03e9d849573532e54fe51b10496cd3dfd6Cdcac87751f48ae3f5eea3de4de5febc08b3afc0F577504d9d4b99c931e49c30c8c3c3d590dce096
Licensed material used with permission by Said dağ
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...