「アナタが今飲んだのは犬のミルクです」動物愛護団体による過激な社会実験

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞台にかなり刺激的な社会実験を行ったようです。

知らずに飲んだ
ミルクの正体を知ったとき…

PETAの主張は、人間は別の動物のミルクを飲む唯一の種という事実。人工受精で乳牛に出産させ、人間の消費のために仔牛を引き離し搾乳する。その不自然さに人々の意識を注目させるため打って出た、シンプルながらショッキングな策とは。

新商品の試飲と称して街行く人々にあるミルクを飲ませ、感想を聞いていきます。実際は牛乳ではなく豆乳が入っていたのですが、飲んだ人々には衝撃の事実(ならぬ大ウソ)が伝えられます。

「あなたが今飲んだのは、犬のミルクですよ」。

「新しいミルクをお試しになりませんか?」

乳製品メーカーの販売員に扮した仕掛け人が、さながら新商品の試飲をアピールするように、街頭で道行く人々に声をかけます。

味の感想を仕掛け人に伝える人々。

「やっぱり、ジャージーミルクは違うわね」

と、美味しさを表現する女性もいます。仕掛け人は、ひと言もジャージー牛のミルクとは説明していなくても、パッケージからそう連想するのも無理はありません。

こちらも試飲会の一場面。さもありなんといった個室を用意し、人々の前にミルクの入ったコップが差し出されました。疑うことなくそれを口にする人々。

「白よりも真っ白っていう見た目ね。いつもよりちょっと甘い気がする」

「とってもなめらかでミルクシェイクのような口当たりね」

こんな具合で試飲した人々から一様に好印象を得た、このミルクの正体が仕掛け人の口から明かされた、次の瞬間…。 

「はぁ?」

間違いなく、これが素直な反応。だって、きっと誰もが最初自分の耳を疑うはずですから。

「これが犬のミルクって、アンタどういう神経しているの?」

「なぜ、それを最初に言わないんだ!」

「こんな狂ったものを、アンタも飲んだっていうの?」

「お前、本気でこんなことやってるのか!」

 「最っ悪!」

犬、猫、ねずみ、牛
何が違うっていうの?

憤慨する人、その場で吐き出す人、ありったけの侮辱とコップを仕掛け人に投げつけて去っていく人々。それが犬のミルクだなんて言われれば、誰だって気分が悪くなるのは当たり前。

では、牛のミルクと犬のミルク、何が違うっていうんですか?

批判を承知でPETAがここまでするのも、動画の最後に登場するこの一言に集約されているのでしょう。それは理解できたとしても、このきわどい社会実験がもたらす効果が、果たしてどのくらいあるというのでしょう。

Licensed material used with permission by PETA Foundation
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
買い物をするときの判断軸になる、品質と値段。でも、安くて品質も担保されているもののウラには、必ず「理由」があります。この動画は、フェアトレードを促進する「...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...