14年間「実験動物」として生かされた、3匹のビーグル犬が自由になった瞬間

医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表がビーグル犬だということを知っていましたか?

この動画は、14年間に渡って臨床実験を受けてきた3匹のビーグル犬を紹介したもの。アメリカのボランティア団体によって自由を得た、彼らの表情の変化に注目です。

14年間、実験に耐えてきた
3匹のビーグル犬

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.47

2015年9月30日、「Bealge Freedom Project(BFP)」は、年老いたビーグル犬を韓国の保健所から引き取りました。永きにわたる役目をようやく終えた3匹ですが、製薬会社の研究室で実に14年間に渡り実験動物として扱われていました。同じような境遇の犬たちとともに、ぎゅうぎゅう詰めの保健所の檻の中にいたそうです。

韓国では、毎年8,000匹近い数のビーグル犬が実験に使用されているとBFPは主張。そのうち大多数が、一度も解放されることなく、檻の中で一生を過ごしているんだそう。しかし、これは韓国に限った話ではありません。世界各地の研究施設で同じようにビーグル犬が使われているようです。

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.22

今回、韓国の動物愛護団体の支援を受けて、BFPは3匹のビーグル犬を引き取り、アメリカ移送後、里親探しのプランを描いていました。しかし、老いた彼らは病に冒されていたのです。
まずはその治療が先決。1匹は脂肪腫瘍を摘出する手術を受け、もう1匹は腐った歯を10本抜歯。こうして体調回復までに、およそ2ヶ月間を要したようです。

太陽のきらめき、芝生の匂い
老犬たちに笑顔が戻った。

スクリーンショット 2015-11-24 15.13.17

そして、いよいよ韓国からアメリカへと旅立つ日がきました。車中、何年ぶりかに見る太陽の日差しに目を丸くする老犬。そして、3匹は海を渡りました。

スクリーンショット 2015-11-24 15.52.53

もしかしたら、彼らにとって初めて踏みしめる芝生の感触だったのかも。恐るおそる、でも、ちぎれそうなくらい尻尾を振りながらケージから出てきました。献身的なスタッフたちの介護で元気を取り戻していったビーグルたち。現在、里親探しの真っ最中だとか。第二の人生がアメリカで今まさに始まろうとしています。

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.00

Huffington Post」によれば、生物医学研究の際に実験台にされる犬の中でもビーグル犬は最も一般的なようです。というのも体格が小型で、性格の穏やかなビーグルは実験に適した犬種なのだそう。BFPは、実験動物として利用される彼らの余生を救うための活動を世界各地で続けています。

 Reference:Huffington Post , The Dodo
Licensed material used with permission by Beagle Freedom Project

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
飼い主が犬を捨てても、犬は決して飼い主のことを忘れない。犬がどれだけ飼い主を愛する生き物か。国内外問わず、亡くなった飼い主を待ち続けた「忠犬ハチ公」のエピ...
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
これは、シェルターで死にかけていたあるチワワの実話ー。米国動物愛護協会によると、アメリカでは一年間で390万匹の犬猫がシェルターに連れてこられるようですが...
海難救助犬として活躍してきた歴史を持つ、ニューファンドランドは"超大型犬"テガンくんと並ぶと、熊に間違われてしまいそうなくらいに大きい。だけど心優しい性格...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...