間違ってマリファナを食べてしまった犬・・・その姿に450万人が同情

まさか、こんなことが・・・。シベリアンハスキーのLokiくんが常軌を逸してしまったのには、あるとんでもない理由が。

彼は、飼い主が友人とテレビを観ている隙に、飼い主のバッグから大好物のライスクリスピー(アメリカで人気の米菓子)を見つけ出して「パクッ」ここまでは、よくあるペットのいたずらでしょう。ところが、この日の好物はLokiくんにとって、ひと味違ったようです。
それもそのはず、彼が盗み食いしたライスクリスピーは、なんとマリファナ入りのものだったのだから。

スクリーンショット 2015-07-18 15.37.06

当時の状況を説明する飼い主のコメントによれば、Lokiくんは突然、ひっくり返ったかと思ったら、痙攣をはじめ、ついには自分の脚で立つこともできなくなってしまったそう。

スクリーンショット 2015-07-18 15.37.20

だらんと垂れ出た舌を自力で戻すこともできず。完全に首がすわってしまいました。

スクリーンショット 2015-07-18 15.38.55

近年、アメリカではマリファナを合法化する州が増えつつあります。そんな状況の中で「ペットによる誤飲が後を絶たない」とNYの獣医のDebora Lichtenberg氏が、米メディア「Petful」で警鐘を鳴らしています。記事によれば、飼い主のマリファナを誤飲してしまったペットの診察件数が、この5年間でおよそ200%にも跳ね上がっているんだそう。

同じ危険性は子どもにも言えます。合法化されたからと言って、自らが楽しむためにマリファナを使用することは許されても、ずさんな管理で危険にさらされるペットや子どもたちがあっては、絶対にならないはず。

ちなみに、酩酊状態だったLokiくん。飼い主が獣医をすぐに呼び、診察を受けた後、およそ20時間の介抱の結果、もとの元気な姿に快復することができました。今では何ごともなかったように駆け回っているそうです。Loki くんの様子はこちらから。

Reference : Petful , Loki Lives!
Licensed material used with permission by Defy Media/Break.com

親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
日本では絶対にあり得ない、「Cut.com」による、あの衝撃映像シリーズが帰ってきた。今回は、マリファナを3人のおじいちゃんが吸引して、会話する様子を収録...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
海難救助犬として活躍してきた歴史を持つ、ニューファンドランドは"超大型犬"テガンくんと並ぶと、熊に間違われてしまいそうなくらいに大きい。だけど心優しい性格...