【衝撃ニュース】技術の進歩?食料問題?「クローン犬」コンテストが物議を醸す(イギリス)

約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。

韓国企業「Sooam Biotech」社のクローン研究者であるDr. Hwang Woo Suk博士はイギリスのテレビ番組でこう発言した。

「コンテストで優勝した方には愛犬のクローンを無料でプレゼントします。ただしChannel 4とのタイアップで来年放送する予定のドキュメンタリー番組の制作にご協力下さい」

生きている犬、もしくは死後5日以内までの犬のわずかな皮膚を元にクローンを培養する。実際に誕生させるためには卵子提供犬と代理母犬が必要になるようだが、2ヶ月間に渡る全てのプロセスは韓国で行われる。

同社は2005年からこれまでに550頭を超えるクローン犬をすでに誕生させている。今回行われるコンテスト「Dog Cloning Competition UK」の目的はいかに優秀なクローン犬を決めるかでは無く、クローン技術の発展を社会に広めていくことだとされている。


 

■批判の声

ピューリッツァー賞受賞者でもあり、『Dog, Inc.』の作者でもあるジョン・ウーステンディーク氏からは批判の声も上がっている。

「韓国では救助犬や警察犬、そして賞に輝いたチャンピオン犬などがクローンになる。卵子提供犬と代理母犬は用が済めば食用として市場行きだ。欧米諸国に比べて犬の生命に対する倫理観が低いのではないか」from Tech insight Japan

 Hwang Woo Suk氏は、犬のクローン化は入り口にすぎないと語る。ゆくゆくは食用肉の家畜確保のためにクローン技術を応用していく予定のようだ。

「現在の中国では豚肉が好まれ、牛肉の消費量は1人あたり、年間5kgほどだ。コレは世界平均の約半分であり、アメリカ人の数十分の一程でしかない。今後はクローン技術を向上し品質の高い食用牛肉をより多く確保できるようにしていきたい」

■倫理問題

愛犬をなくしてしまったオーナーがクローンを依頼するケースは増加している。人間より寿命の短い家族を持つ辛さは誰もが感じているものではあるが、しかしその遺伝子を元にクローン犬を「つくる」という行為についてはどうなのだろう?それが全く同じ遺伝子であったとしても、新しく生まれた生命は「コピー」ではない。

食肉用の家畜の為に利用されるクローン技術という点を考えても倫理的に考えれば難しい問題だ。他の国がどうあるかで判断するべき問題ではない。

世界にバラバラに存在している倫理感を1つにするのはいつの時代も難しい。亡くなった愛犬が帰ってきたかのような感覚に心が休まる人もいる。人間のエゴかもしれないが、同じように愛を持って接するのであれば新しく生まれてくるクローンも幸せに過ごすことができるのかもしれない。しかし生まれてくる理由が誰かの代わりだったというのは・・・果たして考え過ぎなのだろうか。

技術が発展していくにつれて、議論の熱量はさらに高まっていくはずだ。クローン技術の進歩と、倫理観の進歩、その両方についてより慎重に議論を進めていく必要があるだろう。


 

関連する記事

アメリカのニュースメディア「New York Post」によれば、ノースカロライナ州に暮らすカップルが270万円を支払って、愛猫のクローンをつくってしまっ...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
11月1日は「犬の日」。あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「ほっこり話」から胸が締め付けられるような「切ない話」まで、犬たちを今...
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
犬たちは飼い主に喜んでもらうために、ほかの犬と遊んでいる可能性が高いことが、動物行動学者のLindsay Mehrkam博士らの研究でわかった。「飼い主の...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
「もしも、スター・ウォーズに登場するクローンの大軍隊がこの世界に現れたらどうなるんだろう?」こんな、ちょっとバカげたことを思ったのは、アーティストのErd...
2020年からイギリスの学校で、生徒たちは「フェイクニュース」について学ぶことになるという。政府が発表したとイギリスメディアが報じている。BBC」によると...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
バイデン氏の愛犬・メジャーの「バーチャル就任式」が1月17日に開催されるという。じつはメジャー、ホワイトハウスにやってくる歴史上初のシェルター犬として大き...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
愛犬の仕草や、表情の意味を知りたいと思ったことはありませんか?ここで紹介するのは「Little Things」で掲載された、犬の愛情表現をイラストで表した...
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...