【衝撃ニュース】技術の進歩?食料問題?「クローン犬」コンテストが物議を醸す(イギリス)

約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。

韓国企業「Sooam Biotech」社のクローン研究者であるDr. Hwang Woo Suk博士はイギリスのテレビ番組でこう発言した。

「コンテストで優勝した方には愛犬のクローンを無料でプレゼントします。ただしChannel 4とのタイアップで来年放送する予定のドキュメンタリー番組の制作にご協力下さい」

生きている犬、もしくは死後5日以内までの犬のわずかな皮膚を元にクローンを培養する。実際に誕生させるためには卵子提供犬と代理母犬が必要になるようだが、2ヶ月間に渡る全てのプロセスは韓国で行われる。

同社は2005年からこれまでに550頭を超えるクローン犬をすでに誕生させている。今回行われるコンテスト「Dog Cloning Competition UK」の目的はいかに優秀なクローン犬を決めるかでは無く、クローン技術の発展を社会に広めていくことだとされている。


 

■批判の声

Dec2cccfac021203b2326578eceef18a4d40cf84

ピューリッツァー賞受賞者でもあり、『Dog, Inc.』の作者でもあるジョン・ウーステンディーク氏からは批判の声も上がっている。

「韓国では救助犬や警察犬、そして賞に輝いたチャンピオン犬などがクローンになる。卵子提供犬と代理母犬は用が済めば食用として市場行きだ。欧米諸国に比べて犬の生命に対する倫理観が低いのではないか」from Tech insight Japan

 Hwang Woo Suk氏は、犬のクローン化は入り口にすぎないと語る。ゆくゆくは食用肉の家畜確保のためにクローン技術を応用していく予定のようだ。

「現在の中国では豚肉が好まれ、牛肉の消費量は1人あたり、年間5kgほどだ。コレは世界平均の約半分であり、アメリカ人の数十分の一程でしかない。今後はクローン技術を向上し品質の高い食用牛肉をより多く確保できるようにしていきたい」

■倫理問題

B0f245f625315125990df137b0350a3e271d4c5c

愛犬をなくしてしまったオーナーがクローンを依頼するケースは増加している。人間より寿命の短い家族を持つ辛さは誰もが感じているものではあるが、しかしその遺伝子を元にクローン犬を「つくる」という行為についてはどうなのだろう?それが全く同じ遺伝子であったとしても、新しく生まれた生命は「コピー」ではない。

食肉用の家畜の為に利用されるクローン技術という点を考えても倫理的に考えれば難しい問題だ。他の国がどうあるかで判断するべき問題ではない。

世界にバラバラに存在している倫理感を1つにするのはいつの時代も難しい。亡くなった愛犬が帰ってきたかのような感覚に心が休まる人もいる。人間のエゴかもしれないが、同じように愛を持って接するのであれば新しく生まれてくるクローンも幸せに過ごすことができるのかもしれない。しかし生まれてくる理由が誰かの代わりだったというのは・・・果たして考え過ぎなのだろうか。

技術が発展していくにつれて、議論の熱量はさらに高まっていくはずだ。クローン技術の進歩と、倫理観の進歩、その両方についてより慎重に議論を進めていく必要があるだろう。


 

犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
「もしも、スター・ウォーズに登場するクローンの大軍隊がこの世界に現れたらどうなるんだろう?」こんな、ちょっとバカげたことを思ったのは、アーティストのErd...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
犬の気持ちを理解したい。犬と話せるようになりたい!なんて、思ったことありませんか?犬は言葉ではなく、ジェスチャーによって感情を表現していると、イラストレー...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
三度の飯より犬が好き!そんな愛犬家に贈る、ライターRebecca Endicott氏の記事を「LittleThings」から紹介。行動から見えてくるワンち...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...