レジ袋有料化から1年。エコ意識をさらに高めたイギリスの中間報告

エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確かにこうした広義のメリットは誰もが知るところ。

けれど、目に見えて効果が現れるものでもない分、“自分ゴト化”しずらい側面もあるんじゃないかと。そういう意味で言うと、このイギリスの調査結果は人々の意識向上に大きくつながっている事例でしょう。

レジ袋有料化から1年、
経過報告で成果を発表

3ad1ef284ce692de7ec3a39daddd3e074293a647

スコットランド、ウェールズ、北アイルランドですで実施されていたにレジ袋の有料化にイングランドが舵を切ったのは2015年の10月のこと。それまで年間約76近く、タダで配られてきたレジ袋の削減が目的でした。

有料化の結果、およそ90%の買い物客がマイバックを持参するようになった、と伝えたのは、経済社会総合研究所(ESRC)が支援しカーディフ大学と民間企業による共同調査チーム。イングランド、ウェールズ、スコットランドに暮らす3,000人を対象に、有料化の前後1ヶ月、半年後、そして今回の1年後と追跡調査を実施し、分析していきました。

結果、これまで4人に一人が手にしていたレジ袋が有料化を機に7%ほどにまで減っていることが判明。このことからも、一様の成果はあったことが分かります。

成果や変化が目に見えれば
モチベーションはさらにUP

けれど本当の成果は、そこに示された数値以上にインパクトがあるように思います。

たとえばこちら、海洋環境保全に努める「Surfers Against Sewage」のアンディ・カミンズ研究員は、有料化により数十億単位で削減されつつあることで、イギリス周辺の海洋ゴミからもレジ袋が徐々に減少している事実を報告しています。目に見えるかたちでここにひとつ。

また、研究を指揮したウーター・プアーティンガ教授も、有料化が浸透したことで、ゴミ問題に対する意識が変わり、人々の思考や行動にポジティブな影響を与えているとしています。

いまスーパーでの買い物だけでなく、ドーバーストリートやブリックレーンといったロンドンのファッションストリートでも、エコバッグを手にする人が増えているといいます。有料化の支持率が51%から実施後62%にまで上昇したことからも、国民の意識向上は明らか。

同教授はペットボトルのデポジット返金や、コーヒーの紙コップ有料化など「次なる施作の導入も現実味を帯びてきた」と自信をのぞかせるコメントを残しています。

ひとつのアクションや目の前の取り組みが、どうやって形(成果)として現れるのか。本当の意味で結果が出るのは、人間の一生よりもはるか先の未来のこと。そうだったとしても「いい方向に変わっている」、それを実感できたなら。モチベーションはきっと今より数段上がるはずですよね。

7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...