驚異の「耐荷重30kg」を誇る「かわいいエコバッグ」

7月から開始されるレジ袋の有料義務化をまえに、イギリス生まれの超使えるエコバッグ「NANOBAG(ナノバッグ)」が日本上陸。

なんとこのバッグ、使用されている生地の厚さは0.05mmと髪の毛の太さほどでありながら、2Lのペットボトル15本分に相当する30kgの荷重を24時間にわたってかけつづけてもビクともしないタフな作り。ミリタリーアイテムやアウトドアギアなどにも多用されるリップストップナイロンを採用しているのも伊達じゃない。

そんな驚きの強度を誇りながら、重さは22gと超軽量。

さらに、折りたためば手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズで、シャツやズボンのポケットに常備しておけば、買い物のときに“レジ袋を買う”必要はなし。

デザインはベーシックなワントーン3種と、アニマル柄や迷彩モデル、キャラクターものなど11種の全14タイプ

現在、全国販売の開始を記念したTwitterへの投稿キャンペーンを開催しており、189名にNANOBAGが当たるチャンスもあるので、まずはWebをチェックしてみよう。

エコバッグ コンパクト ナノバッグ
©A-Trade
エコバッグ コンパクト ナノバッグ
©A-Trade
エコバッグ コンパクト ナノバッグ
©A-Trade

『NANOBAG(ナノバッグ)』
【価格】基本3色:2035円 11柄:2310円 ※すべて税込み
【サイズ】40×37cm(広げた状態)
【カラー】

・11柄(オーシャン、ムーン、リバー、レトロ、リーフ、アイスシート、カモフラージュ、ジオメトリック、アストロノート、キャティコーン、レオパード)
・基本3色(ブラック、グレー、ブルー)
【オフィシャル通販サイト】https://nanobag.info/

Top image: © A-Trade
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
セブンプレミアム ライフスタイルの「シュパット コンパクトバッグ」。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
味とは無関係の理由で、価値が付かずに廃棄されてしまう未利用魚を活用したミールキット「Fishlle!」が登場! 徹底した品質へのこだわりと、環境への配慮が...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...