紙に座る!?耐荷重300kgを実現した「ペーパースツール」

クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて、ペーパースツール&カフェテーブル「十八紙(とわがみ)」の先行販売がスタートした。

一見すると美しいオブジェのようだが、正真正銘の紙製家具

丈夫なクラフト紙を使っており、スツールの耐荷重はなんと300kg!カフェテーブルも耐荷重50kgと家具として十分な強度を持ち合わせている。

ヒミツは、その構造にあり!

蜂の巣にちなんで名づけられたハニカム構造は、立体図形が隙間なく並んだ構造を指し、軽さと優れた衝撃分散能力が特徴。

しかも、マグネットが内蔵されており、側板を持ってクルっと開くだけで、すぐに組み立てが可能だ。同様に畳むのも簡単。来客用にも最適だろう。珍しい紙製の家具に、会話だって盛り上がるはず。

さまざまな可能性を秘めた「十八紙」の購入はこちら

© 鑫三海株式会社
© 鑫三海株式会社
© 鑫三海株式会社
Top image: © 鑫三海株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事