この紙、巻くだけで何かが起こる!

のっけから、この紙とはまったく関係のない話をさせてください。

社会人になりたてのころ、先輩にこう言われたのを今でも覚えています。

社会人には想像力が必要だよ。
「ビール」ってワードを聞いて、
どんなものを想像する?
それは缶?生?冷たい?常温?量は?

 

学生時代は、クラスのみんな各々考え方が違うよな〜、なんて思っていたけれど、いざ社会という場に出てみると、いかにこれまで同じような学力、思考回路、コミュニケーション力、経験をしてきた人に囲まれていたのか、痛感する場面が多々訪れます。

学生自体に叩き込まれた“団結力”とは、みんなが同じ目線で、同じ方向を向くことだったのかなと思ってしまうほど。

でも社会はそんなに甘くない。
思考の次元も、求めている価値も、なにもかも違う人ばかり。そのなかでみんなが気持ちいい結果を生み出さなければならない。

だから想像力が必要。

「ビール」というキーワードから、相手が求める「ビール」をどこまで想像して用意できるか。そう、要するに、私たちには想像力が必要だってこと。

では、質問です。
この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。
(ちなみに巻いて使います)

5512067645702144
©2017 Akihiro Yoshida

いつこの紙のことについて触れるのか、イライラした方、すみません。
長々関係のない話をしましたが、言いたかったのはこの質問でした。

まずは、巻いている工程だけご覧ください。

ワン

5735222603677696
©2017 Akihiro Yoshida

トゥ

4687502644346880
©2017 Akihiro Yoshida

スリッ

4660262351142912
©2017 Akihiro Yoshida

ちょっと持ってみましょうかね
(これヒント)

4588882142167040
©2017 Akihiro Yoshida

いかがでしょう。立派な社会人として、これが何か想像できましたでしょうか(ちなみに私はわかりませんでした)。じつは、もうこれほぼその答えの状態になっています。

もはや完成してる。

では、暗転してみます!

4984274683953152
©2017 Akihiro Yoshida

そう、懐中電灯です。

巻くだけで光る「紙」

4725179976515584
©2017 Akihiro Yoshida

この紙「paper-torch」は、銀粒子を使った特殊インクをプリントすることで電子基板になるという技術でつくられた「紙」の懐中電灯。

ボタン電池2個とLED7個が付いていて、紙の巻き具合で光の加減まで調整できるのです。紙をゆったりと巻けば柔らかくぼんやりした光になり、 きつく巻くと強く光って狙ったところを照らしてくれます

さらにLEDを接着面を表に巻くか裏に巻くかで、 光の色合いも変わるようです。

ちなみに紙は、選挙の投票用紙にも使われる紙の専門商社「竹尾」のユポ紙。だから折りグセがつきにくく、耐水性もあるため、紙といえど長く使えるようです。

デスクランプとしても、ペンダントライトとしても使えちゃう。軽いからキャンプや有事の際にも活躍しそうですね。

6004774751174656
©2017 Akihiro Yoshida
6037256246657024
©2017 Akihiro Yoshida

1枚の紙をただ巻くだけでまさか懐中電灯になるとは、すぐには想像できないはず。社会人歴を積み上げても、想像力はまだまだ足りていないみたい。そもそも想像力って、きっといつまでも養い続けていく必要があるのでしょうね。

おじいちゃんおばあちゃんになったとき、死ぬ間際にこれまでの人生を思い返して飛び立つよりも、来世のことを想像しながら、飛び立ちたいもんだなぁ。

Top photo: © 2017 Akihiro Yoshida
まず、使い方が簡単。防水加工が施されたペーパーを手持ちのプランターにクルッと巻くだけ。手先が不器用な自分でも難なくできた。
この「Lumen」は、光を照らすようにモノに照準を合わせれば、それが何かを識別してくれるようです。また、プロジェクションマッピング機能もあり、視覚的に新た...
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
人肌程度の体温をもとにして電力を賄える懐中電灯が開発されました。「熱電式発電機」を利用したシンプルな構造になっており、指で触れるだけでライトがついちゃいま...
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
トルコ・イスタンブールに在住のセナ・ルナさんが「ペーパークイリング」を始めたのはごく最近のことだそうです。2015年までは人事職に就いていた彼女ですが、仕...
子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射...
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...