紙を使って、自由に遊びましょう!

「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なくなったという声をたくさん耳にします。手触りや、においなど、五感を刺激する紙の魅力をもう一度、発見してみませんか。東京・六本木のリビング・モティーフで開催中の『かみの重力展』より、紙の可能性を感じるすてきなアイデアをご紹介します。

植物のようなテクスチャーで
紙そのものを作り上げました。

田村奈穂さんによる「BOTANICA」。木の皮を連想させるような、植物のテクスチャーをイメージして、紙の素材そのものを作り上げました。手紙を書いたり、プレゼント用にラッピングしたり、ティーマットとして使っても素敵です。使うシチュエーションによって変わる表情を楽しみましょう。

ドライフラワーのための一輪挿し。

原田祐馬さんによる、ドライフラワーのための一輪挿し「TINT」。ドライフラワーは、吊るしたり、そのまま飾ってしばらく置いておくと、どうしても埃をかぶってしまいます。それを払拭するため、こんなふうなデザインが生まれました。ピーチコートという透ける素材の紙を使っているので、窓辺に置くと、光によって内面の色が反射し、とてもきれい。また新たな命が宿ったようです。

意外と力もち!
画鋲で取り付ける、かんたんシェルフ。

トラフ建築設計事務所による「A4 SHELF A3 SHELF」。A4サイズと、A3サイズの紙でできたシェルフで、折ることによって強度が強くなり、画鋲で気軽に壁に取り付けることができます。たとえば、2リットルの水を3つ並べても大丈夫。小物置きとしても、飾り台としても、使い方はいろいろと楽しめます。

 

影をそのままグラフィックにした
メッセージカード。

三澤遥さんによる、影をグラフィクに落とし込んだメッセージカードです。1枚の紙を折りたたんでいくと、影が生まれます。その影のできる角度を、何パターンも見比べて、発見したのが、20°という角度。この角度から生まれる影の美しさをそのまま生かしました。トレーシングペーパーの封筒までついています。

ゆらゆら、生き物みたいに動くのです。

スイッチデザインによる「ころがり虫のうごきの観察」。まずは、「ころがり虫」を組み立ててみましょう。出来上がったら、付属の坂の上からころがして動き方を観察してみます。なめらかで、やわらかな動きを見ていると、これが紙で出来ているだなんて、思えません。ころころ、ゆらゆら。あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。何度見ても飽きることがありません。

紙には、しっかりとした重みがあります。1枚のときには感じなくても、何枚か重ねると、想像以上の重みを感じるものです。そんな「紙の重み」を様々な角度から捉えると、一体、どのような紙製品が生まれるのでしょう。紙にできることはもっとあるのではないかと、紙の可能性を追求し続けている「かみの工作所」とデザイナーたちによる研究結果。身近なものでも、こんなふうに変身するものなのだと、新しい気づきをたくさんいただけます。

Photo by Gottingham
Licensed material used with permission by LIVING MOTIF, 福永紙工株式会社
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
まず、使い方が簡単。防水加工が施されたペーパーを手持ちのプランターにクルッと巻くだけ。手先が不器用な自分でも難なくできた。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。