その日の天気と気温が一目でわかる「水槽」

朝、その日の天気を知りたいとする。

画面のはしっこに各地の予報が永遠と流れるテレビ番組。タップひとつでごていねいに週間予報まで現れるスマホ。もう、それがスタンダード。

知りたい情報がひと目でわかる。それはそれで便利。けれど、同じ情報でもこの伝わり方は、どこかアナログの良さを残している気がしてならない。コンセプトは、とんでもなくハイテクなんだけどね。

4650447814000640
© Weather Cube

もしかしたら近い将来、

熱帯魚のように“天気を飼う”

なんてことになるかもしれない。

水槽の中の水が
天気によって変化する

立方体の水槽に入っているのは、変哲もないただの水。魚もいなければ水草すらない。

でも、この水槽のなかで確かに息づいているものがあるとするならば……それが天気だ。ちなみに上のイメージ画像は、晴れている日の状態を表している。

5487124086259712
© Weather Cube

ところが、雨が降るとこの通り。水槽上部から、ぽたりぽたり。まるで本物の雨のように水滴が落ちてくる。これが、Weather Cubeというプロダクトの特長。ちなみに、水槽の表面には天気と時間が表示される設計のようだ。

天気を飼うかのような感覚は、この容器に由来するところが大きい。とは言ったところで、餌をあげるわけでもなければ、こちらに懐いてくれるわけでなし。

それでも、天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれるんじゃないだろうか。

4847089938857984
© Weather Cube

晴れの日と雨の日、水槽内で起こる反応の差は歴然。窓のない場所にいたとしても、外の様子をうかがい知ることができそうだ。

5746041357860864
© Weather Cube

教えてくれるのは雨天だけではない。風の日には波が立ち、霧の日には水槽の中にもモヤが立ち込める。ここにあるのは、単なる天気予報ではなく、屋内でも天気を体感し、空模様とともに生活する新たな日常。

Weather Cubeは、まだコンセプト段階。だから情報もこれだけ。

なのになぜだろう。

スイッチを入れれば、画面をタップすれば手に入るはずの情報よりも、梅雨の今時分、窓から見上げた空に聞く「今日は晴れるかな?」、あの根拠もない単なる自分への説得のような曖昧さが、開発段階のWeather Cubeと重なって愛おしく思えてしまった。

なお、市販されるかはわからないけれど、東京にオフィスを構えるデザインユニット(HitomiSato & Shoyu)は、実現化に向けて一緒に取り組んでくれるエンジニアを求めている

Top photo: © Weather Cube
Reference: HitomiSato, Shoyu
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
天気や湿度によって、ガラスの中の結晶が変化します。
本日6月9日金曜日は「ストロベリームーン」と呼ばれる満月が見られる日ですが、全国的に天気はどうでしょうか。「国立天文台」によると、ベストな観測時間は22時...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...