天気が悪くなるほど、オシャレになるインテリアが登場!

もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。
tempescope_livingroom_cloudy_R
この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれる「tempescope」。PCとワイアレスで接続し、インターネットから天気の情報を取得。それを、箱の内部で再現してくれる優れものなのです。「雨」だと箱の中で雨が降り、

「くもり」であれば、雲が登場。「雷」だってこの通り、リアルに再現してくれます。気持ちが沈みがちの悪天候も、これだけオシャレなら許せてしまうかも!?玄関に置いておけば、マンションを出てから雨が降っていることに気付き、傘を取りに戻らなければいけなくなるという、“あの”ストレスからも解放されそうです。
tempescope_rain_Rこの画期的な製品「tempescope」を開発したのは、日本人エンジニアの河本健氏。現時点ではまだ購入することはできず、2015年10月から、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達を始める予定とのこと。ファンディング開始の通知を受け取りたい人は、河本氏のTwitterアカウントをフォローし状況を確認するか、こちらのメーリングリストにご登録を!

Licensed material used with permission by 河本健

昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。