意外にイイかも!「テラリウム」のおしゃれな使いみち

セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これまで手を出さずにいた人。海外のおしゃれな用途を参考にしてみません?

ガラスの多面体に閉じ込める
とっておきの時間

一般的なテラリウムに使われる容器と言ったら、ガラスの多面体をはんだや真鍮などで溶接したもの。ところが、ここで紹介する「ガラスウエア」は、薄さ2ミリのカットグラスを銅で溶接した、エレガントな多面体が特徴的。これらはすべて、イスタンブールを拠点に活動するデザインユニット「Waen」によるもの。これまであなたが目にしてきたテラリウムを楽しむための器よりも、より複雑で繊細な印象を受けませんか?

というのも、Waenの技法はあの「ティファニー」のステンドグラス溶接技法を再現したハンドメイド製品。形こそ小さいけれど、古っぽくもなければ甘すぎもしない、ちょうどいい空気感が◎なのです。

だから、植物に限らず、キャンドルを入れて楽しんだり、ジュエリーボックス替わりに使ったり、アイデア次第でとっておきの時間を閉じ込めることができるはず。

たとえば、ボリュームある
多肉植物を植えつけたり

プリザーブドフラワーを
敷きつめたり

花一輪でも絵になる

チップ材を入れて
エレガントに演出

銅の磨き加減でも
表情に変化が

ミニ盆栽や苔玉感覚で

もちろん、
こんな使い方もOK

気持よく陽の光が差し込むWaenの工房。ガラスに反射する光の具合も大切なデザインの一部なんでしょうね。

さて、ここで紹介したガラスウェアは「Etsy」を通じて購入可能。サイズにもよりますが、4,000円〜16,000円といったところ。あなたなら、何をガラスの中に閉じ込める?

Licensed material used with permission by Waen
「SmartTerra」は、あなただけの“小さな庭”に、自然界の要素を足してくれるようです。もっと分かりやすく言えば、雨を降らせたり、雷を演出してくれたり...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
「ニュージーランド航空」は、乗客がフライト中に実践できる「エクササイズ」を考案。12月1日より、国際線の機内エンターテインメント画面にて、ストレス緩和につ...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
光るライトセーバーがあしらわれたコーラが登場。シンガポールのみの限定発売で、8000本というこの貴重なボトルを購入できるのは、公式InstagramとFa...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。