音と映像で世界の自然を切り取る「デジタル窓」にうっとり

縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスです。さながら、家ごとどこかにテレポートしてしまったかのよう。

世界と繋がる窓
その開放感に注目!

部屋に設置するだけで、すぐそこに川が流れているかのような錯覚。その他にもいろいろな風景に切り替えられます。唯一、通れないところを除けば「どこでもドア」みたいですよね。

4Kの高画質映像で流れる各地の景色。スピーカー内蔵で、現地の音声だって聞こえてきます。自宅にいながらにしてビーチに押し寄せる波を感じながらくつろいだり、夜景のきれいなレストランバーでお酒を一杯…なんてことも。

切り替えはスマホやApple Watchから。さらに、ディスプレイに手を近づけただけでも操作が行えます。鳥の鳴き声を使った目覚まし時計も設定可能。

壁際に立てかけて焚き火を眺めるのもアリ。用途は様々ですが、手軽に気分転換をするにはもってこいのアイテムでは? 動画で見てみましょう。3台繋げて置けば、よりパノラマ感が楽しめますよ。

サイズは640x380x55mmで、価格は1台549ドル(約61,500円)から。国内の送料は20ドル(約2,200円)。出荷開始は2016年3月を予定しており、webサイトで事前予約できます。

とくに都市部では、窓から隣の家の壁しか見えないーーなんてこともままあること。「Atmoph」開発のきっかけは、ズバリその閉塞感を感じていたからだったそうですよ。

Licensed material used with permission by Atmoph
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
ニューヨークでは、厳しい暑さや寒さのなかで車内に取り残されているペットがいた場合、彼らを救助するために、車の窓を割って中に侵入できる権限を拡大する法律を可...
いま、世界の建築シーンでトレンドといえるのが「キネティックファサード」です。つまりは可動式要素をファサードに取り入れた建造物。その技術を集合住宅に活かした...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
「カルビー」のポテトチップスに新フレーバー「Potato Chips Salted Egg Flavor」が登場。全国の「ファミリーマート」の店舗にて数量...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。
出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!「Deskview」は、...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。