世界で最もスリリングな「バルコニー」へようこそ。

いま、世界の建築シーンでトレンドといえるのが「キネティックファサード」です。つまりは可動式要素をファサードに取り入れた建造物。その技術を集合住宅に活かした、革新的な窓枠をご紹介。なんと…

ボタン操作ひとつで
窓枠がバルコニーに
トランスフォーム!

Hofman Dujardin氏率いるアムステルダムのデザインアーキテクト「HofmanDujardin Architects」によって開発されたBloomframeは、窓枠が自動で建物の外側に突き出してバルコニーへと変形する、いわば収納型バルコニー。これぞ近未来の住宅と呼びたくなるようなアイデアですが、なんと実際にオランダの集合住宅で導入済みだとか。2008年より実用化に向けて試験運用が始まっていたというから驚きです。

ご覧の通り、わずか数十秒のうちに自動で窓が大変身。正直、日本の建築法では認可が下りなさそうですが、見方を変えれば電動開閉式の窓と言えなくもない!?

必要な時だけ登場する
スリル満点「窓の外」

ボタン操作ひとつで、彼女の目の前の窓がギュイーンと開いていきます。

サッシが建物の外側にせり出していき、窓の下部がふたつに折れる。

そして、窓の下半分が床面と化し、バルコニーの完成!といった具合。

それにしたって、足元はクリアな窓ガラス。ヒヤヒヤ感たるや相当なものでしょうね。どうやらオプションで、足元部のガラスが不透明になるタイプもあるようなので、高所恐怖症の人でも安心。

ところで、肝心なのはその強度。耐荷重設計はどのくらいまで大丈夫なの?メーカー発表によると、成人男性が10人くらいバルコニー状態で立っても問題ないようだから、チェアを出してサイドテーブルを用意するくらいではビクともしないようですよ。

そして、Bloomframeはこれから建設予定の新築に限らず、窓枠さえ企画が合えば後付けでもはめ込み可能なんだそう。もしかしたらそう遠くない将来、旅行先のホテルの窓がギュイーン…なんてこともなくはない?かも。

都市景観をとけ込む
次世代型バルコニー

上記の動画では、パリ、ニューヨーク、リオデジャネイロの街に建つ高層マンションにBloomframeが設置された際のイメージシーンが。都市景観を考えたとき、やっぱり収納型のバルコニーは断然きれいに映りますね。

Licensed material used with permission by Hofman Dujardin Architecten
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
のんびりお酒を飲めるバルコニーを持つことが、ひとつの夢。でもテーブルとチェアを置くだけのスペースを確保するのは、なかなか難しい。そんな人にピッタリな「バル...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
新型コロナウイルスの影響で行き場を失った銘柄鶏を、自宅で手軽に楽しめる焼き鳥キット「べランディング鳥幸」。すでに4000セット完売と勢いが止まらない!
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOK。デザインもシンプルなので都会的なデザインのシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず!あまたあるガーデニン...
7月31日、ビヨンセが監督と脚本、製作総指揮を務めたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』が「Disney+」にてリリースされた。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
現在「外出禁止令」が施行されているフランス。“適度な運動”は認められているというが、自宅でフルマラソンを完走した人が話題となっている。
7月30日より「NBA 2019-20シーズン」が再開。「NBA」と「NBPA(NBAの選手労働組合)」は、ユニホームに記載されている名前を社会正義に関す...
7月27日、イギリス政府が新型コロナウイルス(COVID-19)に打ち勝つ肥満対策として、新たなガイドラインを発表した。
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
2階バルコニーに達するほどに成長したわが家のユーカリ(ポポラス)枝葉を落とした週末枯れるのをただ待ってたはずのその枝が玄関先からなくなっていた。「どうぞご...
死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続ける──。中世末期ヨーロッパに流布した寓話『死の舞踏(La Danse Macabre)』に自らをなぞらえ、命知ら...