「落ちる〜っ!」と思わせる写真に隠されたトリック。

「危険な写真を撮って注目を集めたい」と、一部の人は思うのだろう。事実、高い所や足場が悪い場所で撮影した人たちのアブナイ写真を、ネットで何度も見たことがある。

そもそも恐怖症の私はマネなど絶対しないけれど、危険を顧みず、命を落としてしまったケースもあると耳にしてからは、写真を見てただ「凄い」と思うことは余計になくなった。

が、そんな私でも訪れて写真を撮ってみたいと思う絶壁スポットがある。

「落ちる〜っ!」

ここは、リオデジャネイロ郊外にある人気スポット。写真の中の人たちは皆、必死の形相で崖にしがみついている。彼らに対して「また命を投げ出すような事をして…」という思いが過ぎったとしても大丈夫。なぜならコレ、全部演技だから。

写真にはうつっていないが、この突端の約1メートル下には地面があるのだ。だから、ポーズを決めたら、後はカメラの角度を決めるのみ。つまり、彼らは心置きなく“おバカ”なことをして楽しんでいるだけ。

話題となった
「崖っぷち写真」

Luiz Fernando Candeiaさんと彼の婚約者もまた、崖からのぶら下がりにチャレンジした人たち。ただ、他の人と違う点は、彼らの写真はメディアに取り上げられて世界中に拡散したということ。理由は次の写真にある。

「こんな写真を撮っちゃった〜」と他の人が自慢げに投稿する中、Luizさんらは“舞台裏”を惜しげもなく公開。まさかこんなに野次馬がいる中で撮影をしているとは思わなくて、初めて見た時「えっ?」と口をついてしまった。

動画だと、人が集まっている様子がより伝わってくる。トリックを知ってからは「みんな演技がうまいな〜」なんて無駄に感心してしまう。ここなら、いつか行ってみたいな。

Licensed material used with permission by Valderes Sarnaglia, Luiz Fernando Candeia
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
Instagramでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきています...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ブラジル・サンパウロにあるミュージアム、その名も「Museum of Me」。ここは、Meが示すとおり「自分」にまつわるミュージアムです。“展示物”もその...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。