「せっかくキメてたのに〜!」まさかのタイミングでシャッターが…

友だちやパートナーに写真を撮ってもらったあとに、カメラロールを見たら……。「思ってたのと全然違う〜」と、心の中で呟いてしまう経験、ありますよね。

例えばこちら、自分のイメージはしっかり伝えたのに、「満足いくショットを撮ってもらえなかった」と写真のAnthony。白目をむいた自分を不満げにツイート。

イイ写真を撮ってもらうのって
なんでハードなの?

ベストショットを他人に撮影してもらうのってムズカシイ。Anthonyのツイートに、同じ悩みを抱えていた多くの人たちが共感のリプライをはじめました。

白目をむいた自分、まぶたが完全に閉じた自分、一人だけ明後日の方を向いていたり、顔が影に入ってしまったり。

まるでうっぷんを晴らすように、ヘン顔がズラり。

バッチリ決まったポーズだけはモデル風情。だけど表情が残念すぎる…。きっとシャッターが切られるまで、ポージングしてからざっと10秒くらいなものでしょ。思うんですけど、決してながくはないですよね。でも、それにしたってこの一瞬のタイミング?逆に狙う方がムズカシイ。

普通なら、お願いされた側も画面で確認するものですよね。「この写真でイイと思ってるの?」よくこれでスマホを持ち主に返せたな、と思うわけです。

「今度はちゃんと撮ってよ〜!」なんてことにならないように、こういう時って2、3枚は同じの撮っておくべきなんですよね。

Licensed material used with permission by Anthony Keeling(Twitter), (Instagram), (Facebook),
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ドナルド・トランプ大統領の毎回のツイートに友達のようにリプライを投稿する男性。実はアメリカの人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家のジョ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
交際半年ですでに結婚4ヶ月目、そんなライターAnjali Sareen Nowakowskiさんだからこその記事かもしれません。先に言っちゃえば、そう完全...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
「Yes Theory」というグループ名で活動するユーチューバーたちが、注目の的になったジャスティン・ビーバーの写真が自分たちが仕掛けたイタズラだったと発...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
こんな綺麗に重なること、ある???
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。