ダジャレを題材にしたアート「DAJAART」が新作を発表。あなたは何問わかる?

言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現し、新たな世界観を提示する。そんな斬新な試みで話題を呼んだ「DAJAART」に、待望の新作が登場。世間的にはダサいイメージのあるソレも、発想次第でここまでクールに見せることが可能に!?

それでは、以下の写真のもとになったダジャレを考えてみてください。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

正解はこちら。

01.環八にカンパチ
02.タイヤに登りタイヤ
03.華やかな鼻
04.ナイスな椅子
05.アイスを愛す
06.ワインに弱いんです
07.肉が憎む
08.モヤシを燃やして

ちなみに彼らは、ニューヨークでの展示会を最終ゴールに設定し、「Exhibition Tour」を開催中。ダジャレを知らないニューヨーカーに、果たして「DAJAART」は通用するのか?そんな壮大なチャレンジが、今後も続いていきそうです。

Licensed material used with permission by DAJAART
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
実年齢だけじゃ、人の“本当の年齢”はわからない。いろいろな人と話してみて常々思うことだ。が、人のことをとやかく言う前に、まずはあなたもトライしてみて!案外...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜・養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
予想外の出来事に出くわしたとき、何が起きているのかわからず全身がピタッと一瞬だけ止まるような感覚。Percolate Galacticによる、思いもよらぬ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...