ダジャレが導いてくれた、福岡・宗像の神級「鯛茶漬け」を家で

宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……

結構ツボでした(笑)。
これ、福岡県宗像市をリサーチしている時の打合せの中で出てきた言葉。

思わず「普通の鯛茶漬けとの違いは何ですか?」なんて、普通にツッコミを入れてしまい、後から地味に反省しました。


というのはさておき、宗像市で鯛茶漬けが親しまれ、よく食べられているのは本当のようでした。「道の駅 むなかた」のレストランでも、いくつか巡った市内のお店でも、メニューのなかには鯛茶漬けがありました。

鯛茶漬けといえば……
温や!?

鯛茶漬けについてリサーチしていると、こぞって出てくる「オンヤ」の名前。そんなこんなで「玄海食堂 温や」にたどり着いたのは、ごく自然な流れでした。実際に行ってみると、お店に掲げてある大きな看板の下には「鯛茶漬け」の文字。間違いなく、一番の看板メニュー感!

4789330950225920
「鯛茶漬け」 972円(税込)

お店に行ったのは午後3時頃。
もちろんお昼ご飯もきっちり食べ……というか、地方取材ってひたすら食べ続ける、みたいなことが多いんです。このとき結構お腹がいっぱいで、内心「完食できるだろうか。がんばろう」みたいな気持ちもあったんです。

けど、ペロリと完食!
もはやもう一杯いけるくらい。

ちゃんと言うと、いわゆるシンプルな鯛茶漬けなんですが、甘めの味つけがヤミつき。もう、毎日食べたいくらい、なんて思いながら泣く泣くお店を後にしようとしたら、

レジのところで発見しました。

「玄海食堂 温や 名物天然鯛茶漬けセット」(全国発送承ります)

即買いでした。しかも、大きめサイズの9食分(笑)。

ここからが本題、後編です。
作り方と「料理人のひとり言(おいしい食べ方)」を紹介します。

自宅にて、感動再び

数日後、自宅に届きました。クール便で、9食分。
中身はこんな(3食×3なので、写真は3食分)。

5915230857068544

お米さえあれば、あとは全部そろっています。
作り方と「料理人のひとり言」も、添えられていました。

〜鯛茶は2度楽しむべし!〜

はい!

つまりはこういうことです。
丼ぶりとして半分食べて、熱々のだし割りほうじ茶をかけてもう半分。

頭に入れたところで、準備開始。
さら〜っと写真で流します。

まずはだしパックから(※沸騰させすぎました)。

6326142088773632

その間に鯛をのせます(※あらかじめ半日くらい冷蔵庫で解凍させていました)。

49116470889676806560068287856640

付属のきざみのり、秘伝ごまだれ、わさび、いりごまをトッピング。

4916862387224576

はい、完成!

6042762294067200

というのを、ひたすら最近まで楽しんでいました(取材に行ったのは2月末ですが、冷凍のまま2ヶ月くらい日持ちします)。そのたびに、宗像でのあの感動再び……という感じです。

そして……
ま、ま、ま、眩しい!

神様のだし(※勝手に名付けました)を投入!

(※一応断っておくと、もちろん、ちゃんと、料理人のひとり言は聞こえています。見栄え的にひとつだけ半分食べずに投入したのです)

6714242312962048

やっぱり絶品……。

「鯛茶漬けは自慢の逸品です。これを食べてたくさんの方に喜んでもらい、笑顔になってもらうことが一番の想いです」

と、店主の世良さん。

これは、言葉どおり“笑顔になれる鯛茶漬け”。
旅行後2ヶ月くらい感動できる、宗像の新しい楽しみ方を見つけたのでした。

ちなみに、Amazonや楽天市場にて、「鯛茶たれ」のみ手に入ります(そして、これまたレビューが高め)。けど「名物 天然鯛茶漬けセット」は現地での発送受付のみです。

宗像に行った人だけの、特権ということで。

「玄海食堂 温や」
住所:福岡県宗像市神湊44-1-2
TEL:0940-62-0502
営業時間:平日11:00〜20:30(20:00os)、土日祝日〜21:00(20:30os)
定休日:不定休

▪️「名物 天然鯛茶漬けセット」
1瓶 約3人前1440円、2瓶 約6人前2880円、3瓶 約9人前4320円
※保冷平袋60円、送料(地域により異なります)、クール便料金216円が別途かかります。
※贈答用箱は100円(2・3瓶用)
※価格はすべて税込

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:宗像市
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
年末年始のめでたさや縁起の良さにピッタリのビールが誕生しました。その名も『ヱビス めでたい缶』。ズバリ、直球です。では、どの辺りがハッピーなのかというと…...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...