美味しいイカの穴場、福岡県宗像市の海鮮料理店4選

福岡県宗像市の観光では、海鮮がはずせません。

なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品です。宗像は、実はおいしいイカ料理の穴場スポットなんですよ。もちろんイカだけでなく、鐘崎の天然とらふくやアジなど、福岡周辺で楽しめる旬の海鮮もあります。

地元を知るグルメの人たちにおすすめの海鮮料理を尋ねたところ、それぞれの行きつけのお店を教えてくれました。玄界灘や響灘の豊富な漁場に恵まれているだけあって、行きつけにしたくなるようなお店がたくさん。

ここでは、宗像の海鮮料理店4選を紹介します。

01.
贅沢な時間を過ごす
「御宿 はなわらび」

4981091744088064

御宿 はなわらび」は、もともと大正10年(1921年)に鐘崎漁港に開業された魚市場でした。それから約100年の中で、場所を変え名前を変え、現在の食事と宿泊を満喫できる宿になっています。

地元出身のオーナーは、幼い頃から魚と漁師たちを見てきた料理人。目利きした鮮魚を、美味しく調理してくれます。ランチでは、ウニやイクラがたんまりのったぜいたく丼(2500円)や、透明なイカのお造り活イカ膳(2500円)が人気のメニュー。それに予約をすれば昼夜と、豪華な会席料理だって味わうことができます。

そして、2600坪の広大な敷地を活かして建てられた、美しい中庭を取り囲む離れ風の個室も魅力的。食事と宿泊、一緒に贅沢な時間を過ごせそうです。

6225067381882880

「御宿 はなわらび」
住所:福岡県宗像市江口518-1(玄海ゴルフ場 横)
TEL:0940-62-0107
営業時間:平日11:00〜15:00 17:00〜20:00
     土日祝11:00〜14:00 17:00〜20:00
定休日:不定休
※価格は税抜

02.
人気メニューは末広定食
「和食レストラン 末広」

4706579949551616
「刺身定食」

お店の壁に、ずらりと貼られた豊富なメニュー。初めての「和食レストラン 末広」なら、一番人気の末広定食(1600円)がおすすめ。魚や野菜の天ぷらにお刺身、数種類の小鉢と、ボリュームも申し分ないセットです。

定食が運ばれてきてまず見とれてしまうのは、職人技のきれいな盛り付けです。定食だけでなく、仕出し弁当やお寿司も、目でも舌でも楽しめるものばかり。

6614370062696448

「和食レストラン 末広」
住所:福岡県宗像市牟田尻1860-31
TEL:0940-62-0023
営業時間:11:00〜21:00
定休日:木曜日
※価格は税抜

03.
宗像の漁師飯
「玄海 若潮丸」

5491609105858560

玄海若潮丸」は、元漁師のオーナーが始めたお店。調理する魚介は、鐘崎の漁師から直接仕入れるため、鮮度は抜群です。活きイカ定食(2700円)は、地元のグルメたちが特におすすめするメニュー。旬の魚で作られる、宗像の漁師飯を食べることができますよ。

「玄海若潮丸」
住所:福岡県宗像市江口528-1
TEL:0940-62-0072
営業時間:平日11:00〜16:00 17:00〜21:00
     土日祝日11:00〜21:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日水曜日休み)
※価格は税込

04.
食事は展望レストランで
「国民宿舎 ひびき」

4953431181623296

元々は、行商から始まった小さな魚屋。時を経て、海沿いに構える「国民宿舎 ひびき」となっています。旬の食材を使ったひびき定食(1800円)は、人気のランチメニューです。フグがおいしくなる冬に登場する「ふくコース」もおすすめ。

鮮魚が泳ぐいけすのあるフロントを過ぎ、懐かしい雰囲気を感じられる建物の5階にあがると、玄界灘を一望できる展望レストランがあります。景色と海鮮を同時に楽しめるのが、ひびきの自慢。運よく天候などの条件が揃った日には、世界遺産「沖ノ島」も展望できるそうです。

5123843404333056

「国民宿舎 ひびき」
住所:福岡県宗像市鐘崎79‐6
TEL:0940-62-1288
営業時間:11:00〜20:00
定休日:年末年始等
※価格は税込

宗像市があるのは、福岡県の中西部、北九州市と福岡市の中間地点。両市の主要駅や空港からは、電車で40分前後とアクセスも良好。「おいしい海鮮を食べたい!」って時に、フラッと遊びにいける街ですよ。

取材協力:宗像市
イカも私も透き通る、宗像
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...