思わず鼻歌が出る、福岡・宗像の元薬局でおいしいコーヒーをどうぞ

気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。

紹介するのは「そんな状態」がコンセプトのコーヒー店。場所は、福岡県宗像市にある唐津街道 赤間宿です。

名前はそのまま。
「ハナウタコーヒー」

4919041361707008
© 2018 TABI LABO

ご夫婦二人で営んでいる「ハナウタコーヒー」。
名前の由来は……

「私がよく鼻歌を歌っているみたいで(笑)、主人がつけました。あとは思わずハナウタがでるようなお店にしたくて。そんな想いがあってこの名前にしました。色々考えずに、おいしいコーヒーを飲んでもらえたらなって思っています」

かわいいだけじゃない、
赤間宿の歴史を紡ぐ場所

5406725452595200
© 2018 TABI LABO
通りに備えてある辻行灯(つじあんどん)

そもそも赤間宿は、かつて、参勤交代を行う大名たちが中継地として立ち寄った宿場町。当時「花嫁道具や生活品はすべてそろう」といわれた活気あふれるまちだったそうで、通りの雰囲気や建物からは当時の名残を感じることができます。

5726800021815296
© 2018 TABI LABO
赤間宿にある、映画『海賊とよばれた男』(岡田准一主演)のモデルとなった出光佐三氏の生家
6508078144946176
© 2018 TABI LABO
200年以上の歴史を誇る「勝屋酒造」の煉瓦煙突


「ハナウタコーヒー」の建物も例外ではありません。

5136100284694528
© 2018 TABI LABO
コーヒーを飲みながらくつろげるスペースには絵本がズラリ

はじめてお店に立ち入ったとき、とにかくかわいい空間に驚きました。

現在「ハナウタコーヒー」がある場所は、江戸時代からつづく薬局だった場所。10年間ほど閉まっていたところを改装し、2016年にお店がオープンしました。

「主人は昔から漠然と、お店を持つなら宗像でと考えていました。赤間のこの場所を見に来たときに、ここの空間と雰囲気に一目惚れしたんです。もともとある空間をできるだけ生かしたいと思って、リフォームは、むしろ、もっと以前の状態に近づけるようにお願いしました」

床は土間。天井も梁が出ていて味があり、これぞ古民家な感じ。入り口では「サトちゃん」が迎えてくれ、これまた懐かしい印象です。

5870779002519552
© 2018 TABI LABO
4841071062286336
© 2018 TABI LABO
薬の一覧も昔のまま

色でイメージされた
こだわりのコーヒー

5368624193732608
© 2018 TABI LABO

「ハナウタコーヒー」では、コーヒーに色のイメージがついています。赤間宿の“赤”を軸にして、濃いものは黒、さわやか系は水色という風に。同じ宗像市の「沖ノ島」が世界遺産に登録された翌日からお店に並んでいる「沖ノ島の青」は、バランスがとれた飲みやすい味わい。

「人それぞれコーヒーの好みは違うから、酸味系から苦味系まで色々用意しています」

とのこと。

コーヒーが大好きで、高校生のときに飲んだコーヒーに衝撃を受け、以来自宅で焙煎をするようになったという奥さん。気づけばご主人もどっぷりハマり、お店を出すまでに。

「“とにかくおいしいもの”というのがこだわりです。豆の持ち味を出すこと。あとは、できるだけ新鮮なものを提供しています。豆は焼いて2〜3日のものばかり。お店で提供しているコーヒーは常に挽きたてです」

4850914456240128
© 2018 TABI LABO

もともと調剤室があった場所が、今の焙煎室。

「薬局時代は漢方も扱っていたみたいで。なんとなく、コーヒーと薬って似てるなあって思って(笑)」

4744879095676928
© 2018 TABI LABO
フルーティー×酸味が特徴の「ハナウタブレンド」

お店では、器具も何も使わなくていい一杯だてのコーヒーパック「テトラんコーヒー」で淹れたコーヒーを150円で楽しむことができます。ちなみに「テトラん」は、テトラ型と“手をとらん(手がかからないの方言)”です。

ほか、水出し珈琲は200円。豆や粉は100g600円〜販売しています。

赤間のまちと、
ハナウタコーヒー

6460326430113792
© 2018 TABI LABO

そもそもご夫婦が赤間宿にお店を出すことに決めたのは、赤間宿まつり(2月)、九州大道芸まつり(11月)など、まちをあげて開催されるお祭りを見にきたことがきっかけでした。

「はじめてお祭りを見に来たときに、活気とそのなかにあるやさしい雰囲気を感じて、このまちでならお店をやっていけるかなって思ったんです」

そして、お店を続けていくなかで、これは確信に変わっていったんだとか。

「ハナウタコーヒー」のおいしいコーヒーとかわいい空間。そして、そこにまちの雰囲気も相まって、訪れる人はきっと「ごきげん」になるんだと思います。

6426340219682816
© 2018 TABI LABO
「赤間宿」で見つけた神様

「ハナウタコーヒー」
住所:福岡県宗像市赤間3-4-8
TEL:0940-55-1490
営業時間:10:00〜18:00、日祝日は10:00〜17:00
定休日:水曜日
Instagram:https://www.instagram.com/hanauta_coffee/
※定休日はInstagramでチェック
※駐車場は近隣にあり。「赤間地区コミュニティ・センター駐車場」「熊越池公園駐車場」「赤馬駐車場」(いずれも無料)も便利

Top image: © 2018 TABI LABO
取材協力:宗像市
イカも私も透き通る、宗像
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!