福岡・宗像の「パンかけ醤油」にみた、老舗店の進化とユーモア

醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。
なんだこれは!と思いました。

意外や意外、手がけるのは宗像神湊(福岡県宗像市神湊地区のこと)にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・江戸末期)と、かなりの老舗です。

私は熊本の出身なので、結構な甘さの醤油には慣れています(というか、甘いのが好みです)。「パンかけ醤油」も九州の醤油は甘い説の延長でできたのだろうか……なんて勝手に仮説を立てながら、六代目当主の永嶋多知さんにお話を伺いました。

「パンにかける醤油をつくりたい」って
テレビでオンエアされてしまって(笑)

5112659745701888

「ナカマル醤油醸造元」のラインナップは現在38種類。
段々種類が増えていったのは「よそはこんなんあるけど、おたくにはないの?」なんていうお客さんのニーズに合わせて対応していった結果なんだそうです。例えば、胡麻鯖などの漬け文化に合わせて「魚茶漬のたれ」をつくる、といった風に。


で、「パンかけ醤油」ができるきっかけのひとつになったのが「たまごかけ醤油」。これが、はじめてトライした専用醤油なんだそうですが、ここまでの商品開発はお客さんのニーズありきのものでした。まず世の中的に「たまごかけ醤油」ブームがあって、そしてこの時も例外なくお客さんからのリクエストがあって……。

研究していくうちに、上品なうま味で、黄身とよく絡まって伸びる黄金比率の味にたどり着いたんだそうです。

「そのときに、専用醤油にはそれだけの価値があるんだ!ってことに気がついたんです」

「たまごかけ醤油」で専用醤油の価値に気づいて、それ以降のラインナップは、お客さんから要望があるから、ではなく、すべて永嶋さん発で考えて商品化したもの。

・パンかけ醤油
・ヨーグルトかけ醤油
・チーズかけ醤油
・パスタかけ醤油
・カルパッチョかけ醤油 と、続きます。



いくつかのテレビ番組に取り上げられ、世の中に物議を醸した(?)「パンかけ醤油」は、2番目の専用醤油なわけですが、ことのはじまりは、老舗醤油屋さんとして取り上げられた地方のテレビ番組内での発言だそうで。

「最後によく『今後の展望は?』みたいな質問がありますよね。そう聞かれたときに、もともと作りたいとは思っていたけど、深く考えずに『パンにかける醤油をつくってみたいです』って言ったんです。そしたらカットされずにバッチリ使われちゃったんですよ(笑)。そのうちテレビを見たみんなから『つくらんと?』って言われるようになって。責任を果たそうと思ってつくりました(笑)」

……(笑)。まさかの出来事からでした。


永嶋さんが考えた「パンかけ醤油」の紹介は

パンかけ醤油の味は…

パンにかけると、みたらし団子風。
もちにかけると、砂糖醤油風。
アイスクリームにかけると、黒みつ風。
ヨーグルトにかけると、チーズケーキ風。
牛乳にかけると、コーヒー牛乳風。
リンゴにかけると、焼きリンゴ風。
豆腐にかけると、プリン風。
トマトにかけると、煮物風。
納豆にかけると、黒豆風。

要するに、あまくておいしい醤油だれです。

味の解説は、子どもの頃、イリコと一緒に牛乳を飲んだときにチーズ味を感じたところからインスピレーションを得たとか。感覚の問題だそうです。

これ、半分以上編集部で試してみましたが、どれも、“わかる”。なんとも不思議な感覚に包まれました。単体での味は、トロッとしていて甘めのみたらし団子に近いです。

ちなみに、研究期間は「何ヶ月かかったかな……」ってくらい長め。これまでタレ系商品をつくってきた経験が役に立ったそうです。

パンかけ音頭、
たまごかけブルース!?

5873736272052224

店内で、こんなものを見つけました。
専用醤油の特徴がしっかり歌詞に盛り込まれた商品の歌です。
ここで、永嶋さんの並々ならぬ商品愛とかなりのユーモアを確信しました(笑)。

一番人気があるのは、やっぱりパンかけ音頭なんだそうです。理由はノレるから、って想像以上の美声とともに披露していただいたんですが、確かにノレる。というか、笑いが出てきます。歌の完成までは、なんと2ヶ月。

これ、お店で永嶋さんに会えば、歌ってもらえるらしいです。
「時間があって、機嫌がよければね(笑)」って。

4989135949398016

あと、目を引くかわいいラベルにも注目してほしいのですが

「ラベルにデザインしないって決めてるんですよ」

って。

「商品は、イメージで認識されることが多いんですよ。商品棚で目的の商品を目の前にしながら『あれ、なんだったけ?』とか『何色だったっけ?』なんてことが普通にある。そういうこともあって、わかりやすく大きい文字で商品の名前をドンと書くだけって決めたんです。今後はどうなるかわかりませんけど……。ちなみに、文字は筆字で私が書いたもの。眉毛の太さが字に出ているんですよ(笑)」


音頭はお客さんに覚えてもらえるように。
ラベルはお客さんにとってわかりやすいイメージであるように。

陽気な音頭と、かわいいラベルには、お客さんを想っての意味が込められていました。

ずっと変わらないし、
これからも変えないこと。

永嶋さんは「挑戦心の塊のような人」。

だからこそ、「パンかけ醤油」のようなヒット商品が誕生し、当初は扱っていなかったタレやドレッシング系の商品がお店に並ぶようになりました。

5268706108112896

全国的に醤油の消費量がだんだん少なくなってきているなか、「ナカマル醤油醸造元」は、お客さんの食生活の変化に合わせながら進化をしてきました。

一方で、江戸時代末期からずっと大事にしていることは、代々引き継がれている「まろやかさ」。

永嶋さんが先代から言われていたことは

「塩角(しおかど)のあるやつをつくったらつまらん」
(※極力塩辛く感じさせないこと)

ということなんだそう。
それが、宗像神湊のお客さんに受け入れられること。
海があって、おいしい魚介類が豊富なこの土地では、昔から魚によく合うあまくちが愛されていて。「おたくの醤油は甘いもんね」って言葉は、最高の褒め言葉だといいます。

「そこだけはずっと守りながら、できる範囲でいいものをつくる。それは何にでも言えることで、例えば文章だってそうでしょ?色々決まりがあるなかでいいものを書く」

なんて、私の仕事の話に置き換えて教えてくださいました。

永嶋さん率いる「ナカマル醤油醸造元」は、大事なものを守りぬく、けど、進化とユーモアを忘れない“老舗の醤油屋さん”でした。

651605168462233646516697321963524753122228436992

お店の奥の方には資料館も。醸造器具や、明治時代からの生活用具が展示されています。

53016866251079684716494747336704

「ナカマル醤油醸造元」
住所:福岡県宗像市神湊1118
TEL:0940-62-0003
営業:9:00〜17:00
定休日:月曜日

※お店、資料館ともに入場無料

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:宗像市
イカも私も透き通る、宗像
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...