「キッコーマン」の“ホンキ”を結集した「自宅でつくる醤油」

9月初旬、醤油で有名な「キッコーマン」は、その知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」を開始。利用者には、月額3300円(税込)で2ヵ月に一度、専用ボトル2本分の発酵元液が自宅に届く。

このサービスは、キッコーマンが独自に開発した“ボトルの中で液体の状態で醤油を発酵させる”という世界初の技術を応用したもの。これにより、発酵中ならではの「華やかな香り」をよりリアルな状態で食卓に届けることを実現した。

サービスを利用するには、まずは定期開催の「BOTTLE BREW体験会」への参加が必要。

体験会では、醤油づくりのノウハウを学べるだけでなく、自宅でつくるための必須アイテムである専用ボトルをはじめ、香りづけや発酵の指標となる杉玉などがセットになった「専用キット」を手に入れることができる。

体験会参加チケットは、ホームページから購入可能。次回は10月15日(火)に開催される(以降は未定)。

このサービスのポイントは、自作が難しい「基本の“さしすせそ”」といわれる調味料のなかで味噌に次いで醤油までも自分でつくれるようになるということ。料理好きであれば、見逃すワケにはいかない貴重な機会となるだろう。

BOTTLE BREW
【公式ホームページ】https://bottlebrew.jp/
【体験会詳細ページ】https://bottlebrew.jp/products/detail/52

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

チョコレートの香りと醤油のコクをイイトコどりした至高の調味料が誕生。バレンタインの変わり種ギフトにもぴったり!
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...