最高の「キッコーマンの豆乳飲料」

 

24歳女性エディターのおいしいメモ#8

 

キッコーマンの豆乳飲料といえば豊富な味のバリエーション。その数30種類以上。なかでも、絶対に、確実に、何がなんでも、最高の逸品は、チョコミントです。

新作のよもぎもちや定番の紅茶、ココアなど文句ナシに美味しいフレーバーっていくつもあります(というか、基本的にぜんぶ美味しい)。でも、チョコミントについては、もはや豆乳飲料という枠を超えて、チョコミントドリンク界でいちばん美味しい!

わたしはチョコミントが大好きで、これまでいろんなチョコミントドリンクを飲んできました。ただ、甘みが極端に強くてミルクのクリーム感が弱かったり、甘みとクリーム感の両方が強いために、濃厚すぎて喉を潤すどころかむしろ喉が乾いたり……「また飲みたい!」と思えるくらいのお気に入りにはまだ出会えずにいたんです。

コレはちゃんとミルク感がありつつすっきりした豆乳と、チョコミントのさっぱりした甘みのバランスが最高!満足度、かなり高い!

仕事の息抜きがしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。

 

©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
自信をもってオススメする「普通に買えるもの」
豆乳ヨーグルトとは「豆乳と乳酸菌で作られた、植物由来のヨーグルト」です。大豆が使われているため、味噌や納豆、醤油などと同じ植物性の発酵食品ということができ...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
神奈川県のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」は、チョコレート未使用の「チョコビール」を発売。お菓子のような甘さのない、ビターでほろ苦いビールがクセ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
「日本コカ・コーラ株式会社」の「GO:GOOD」ブランドから、あの「キッコーマン」監修の和だし飲料「GO:GOOD ゴクっ!と旨い和だし」が新登場。
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
はじめて飲んだ時はビックリしちゃいました。
9月初旬、「キッコーマン」はその醤油にまつわる長年の知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」をスタート。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
20年以上も山口県民に愛される、下関発のソウルフード。『下関もずくセンター』の「もずくスープ」。
パリパリのキャラメリゼ。こだわりのアイスクリーム。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
創業以来のロングセラー、生きた乳酸菌の入った「フローズンヨーグルト」。安定剤不使用120kcal。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
「CALPIS」ブランドより新商品。乳製品を一切使用せず、豆乳を発酵した植物由来の「GREEN CALPIS」が登場。コレステロールゼロ、1本あたりのカロ...
プリンのくせにドロドロなんです。