【紫外線対策にも】韓国の「豆乳麺」が女性の肌にやさしい理由

秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあとの一品におすすめしたいのが、韓国の「コングッス」です。カラダも芯からあったまる美容麺をどうぞ。

女性肌のやさしい味方
あったか「コングッス」

本来、韓国では暑い夏にさっぱり食べるのがコングッスの流儀。キュウリやトマトをトッピングしてひんやりいただくようですが、この時期食べるならば、キュウリよりもほうれん草。

豆乳のイソフラボンと野菜のビタミンCでシミ対策が期待できますよ。

豆乳は無調整を選びましょう。250mlを松の実10g、白すりごま小さじ4とともにフードプロセッサーでなめらかになるまで撹拌し、鍋で沸騰させないようにあたためます。トマトはくし切り、ほうれん草は茹でて冷水にとり、水気をきって4センチくらいの幅に切りそろえます。

そうめん100gを茹でて冷水にとったら水気をきってから器に盛りつけ、豆乳スープを入れ、トマト、ほうれん草、白すりごまをのせてできあがり。

油断しがちな秋の紫外線ケアに、イソフラボンたっぷりの「コングッス」を試してみませんか。

最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...
食欲がなくても冷やし麺。けれど毎度定番の味では、やっぱり飽きてしまいます。そこでアレンジ一つでマンネリを脱却するアイデアのご紹介。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
台湾の牛肉麺を知っている人でも、「番茄」入りはあまり目にしたことがないかもしれません。番茄とは、トマトのこと。「なーんだ、それなら」という人も、実際に現地...