遊牧民たちのワイルドすぎる麺料理

多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料理。ここに紹介する「ベシュバルマク」も、古くから親しまれてきた麺を使った料理のひとつ。

Bda31c48eec0562d1ac44c597658af7a67e4e712

<材料:2人分>

・牛かたまり肉:400g
・玉ねぎ:1/2個
・きしめん:2袋
・水:1000ml
・塩:小さじ1/2
・こしょう:適量 

<つくり方>

水を沸かして牛かたまり肉と塩を入れ、ふつふつするくらいの火加減で煮ていきます。時間は、1時間半。牛肉を取り出したら細かく切っておきます。先ほどの鍋に薄切りした玉ねぎを入れて、再度ふつふつするくらいの火加減で5分煮たら取り出します。同じ鍋で今度はきしめんを袋の表示時間通りに。

器にきしめんを盛り付けたら、玉ねぎ、牛肉をのせて塩こしょう(分量外)をふります。茹でた汁はスープとして。別途お茶碗に入れて、麺を食べながら飲むのがキルギススタイルです。

5本指を使って食べるのは、
遊牧民スタイルの名残り

キルギス語でベシュは数字の「5」、バルマクは「指」の意。つまり、箸を使わず5本の指を使って食べる、これがベシュバルマクの語源。キルギスでは床に座って料理を囲み、手を使って食事を口に運ぶのが一般的な風景でした。こうした文化は遊牧民たちの間では今も残っていますが、都市に住む人々は、私たちと同じようにテーブルに座ってフォークで食べるスタイルだそうです。

さて、今回はきしめんをつかった再現レシピでしたが、本来は小麦粉を平たく伸ばしたあと、麺状にカットするのがこの料理。麺の切り幅が家によって大きく違っていて、8cmちかい幅にカットするような家もあれば、そばのような細切りにするところもあるんだとか。

「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...