遊牧民たちのワイルドすぎる麺料理

多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料理。ここに紹介する「ベシュバルマク」も、古くから親しまれてきた麺を使った料理のひとつ。

<材料:2人分>

・牛かたまり肉:400g
・玉ねぎ:1/2個
・きしめん:2袋
・水:1000ml
・塩:小さじ1/2
・こしょう:適量 

<つくり方>

水を沸かして牛かたまり肉と塩を入れ、ふつふつするくらいの火加減で煮ていきます。時間は、1時間半。牛肉を取り出したら細かく切っておきます。先ほどの鍋に薄切りした玉ねぎを入れて、再度ふつふつするくらいの火加減で5分煮たら取り出します。同じ鍋で今度はきしめんを袋の表示時間通りに。

器にきしめんを盛り付けたら、玉ねぎ、牛肉をのせて塩こしょう(分量外)をふります。茹でた汁はスープとして。別途お茶碗に入れて、麺を食べながら飲むのがキルギススタイルです。

5本指を使って食べるのは、
遊牧民スタイルの名残り

キルギス語でベシュは数字の「5」、バルマクは「指」の意。つまり、箸を使わず5本の指を使って食べる、これがベシュバルマクの語源。キルギスでは床に座って料理を囲み、手を使って食事を口に運ぶのが一般的な風景でした。こうした文化は遊牧民たちの間では今も残っていますが、都市に住む人々は、私たちと同じようにテーブルに座ってフォークで食べるスタイルだそうです。

さて、今回はきしめんをつかった再現レシピでしたが、本来は小麦粉を平たく伸ばしたあと、麺状にカットするのがこの料理。麺の切り幅が家によって大きく違っていて、8cmちかい幅にカットするような家もあれば、そばのような細切りにするところもあるんだとか。

「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
牧畜文化と小麦文化の交流の中で生まれたモンゴル家庭料理「ホーショール」について。
この4種類をデスクに常備しています。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。