うまい、早い、安い、3拍子揃った「牛丼」的存在がボリビアにあるらしい

ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパンチョ」です。

ボリビア版、
がっつり系のチカラめし

6b10c38004385d59b2b35a1688969ad7a2d92d01

肉食の盛んなラテンアメリカにおいて、牛肉は比較的安価なお肉だそう。けれど、なかには筋張って固いものも多く、それをいかに美味しく食べるかの工夫から生み出されたのが、このシルパンチョ。

ごはん、フライドポテト、薄く叩いて伸ばしたステーキ、目玉焼きを重ねるという、ハイカロリーですがクセになりそうなボリビア版牛丼といったところ。

ちなみにシルパンチェリアと呼ばれる専門店は、うまい、早い、安いをウリにした、日本の牛丼屋さん的ポジションだなんて話も。

〈材料:1人分〉

・玉ねぎ:1/4個
・トマト:1/2個
・パセリ:適量
・じゃがいも:1~2個
・牛ステーキ:300g
・塩コショウ:適量
・薄力粉:適量
・卵:1個
・サラダ油:大さじ1/2
・ごはん:適量

〈つくり方〉

玉ねぎ、パセリをみじん切りにし、トマトは5ミリ角程度に切っておきます。じゃがいもは皮をむいて1センチ幅の輪切りに。牛ステーキ肉に塩コショウを降り、叩いて薄く広げ、薄力粉をまぶします。

フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、じゃがいもを火が通るまで焼いたらお肉を焼きます。お肉が焼けたら、次は目玉焼き。

器にごはん、じゃがいも、ステーキ肉、目玉焼きの順にのせて、玉ねぎ、トマト、パセリをトッピング、仕上げに塩コショウをして完成です。

サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らない...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...