ついに!バイオ3Dプリントで本物の牛ステーキを製造

イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ肉を開発。

この技術は、生きた牛の細胞を3Dプリント技術で培養することで、筋肉脂肪分を含んだ動物性のステーキ肉を生成するというもの。

つまり、牛を殺すことなく、本物に近いステーキ肉を生み出せるということになる。

Sponsored by alephfarms/Instagram

写真で見ても本物と見分けがつかないこのステーキは、肉厚抗生物質なども使用していないとのこと。また、本来の牛の飼育過程と比べて、コストを大幅に抑えて製造できる点も特徴だ。

現在のところ培養肉が認可されている国はないというが、同社は「米食品医薬品局(FDA)」「農務省」にすでに接触中であり、その後、世界中へと広めていく計画があるとのこと。

また、今後はさまざまな培養肉を開発し、世界の国々の食卓に提供したいと考えているようだ。

食料問題の解決につながる可能性もあるこの夢の技術。もしかして、高級ブランド牛の培養もできてしまったりするのだろうか……?

続報に期待したい。

Top image: © iStock.com/ansonmiao
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事