最先端3Dプリンターで理想的な「うずまき型」を実現したスピーカー

チェコのベンチャー企業が開発した“うずまき型”の高級スピーカー「スピルラ」が、先月28日より、オンラインショップや全国の販売店にて発売された。

うずまき型 スピーカー 小型 スピルラ
©ベッドフォードサウンド

このスピーカーは、最先端の3Dプリンターを駆使し、一切のつなぎ目も許さず、徹底的に追い求めた理想的なうずまき形状を実現。この構造により、音響効果に有害な定在波を排除し、音のエネルギーロスを最低限にすることで豊かで厚みのある低音域を奏でるという。

また、材料としてガラスの砂(珪砂)を使用することで、濁りのないさらにクリアな音質も実現。

良質な音スタイリッシュなデザインで、オーディオファンを魅了する、うずまき型のスピーカー。気になる方は公式サイトをチェック。

うずまき型 スピーカー 小型 スピルラ
©ベッドフォードサウンド
うずまき型 スピーカー 小型 スピルラ
©ベッドフォードサウンド
Top image: © ベッドフォードサウンド
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事