3Dプリンターでも「復元」できないものがあります

今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。

過度な森林伐採や密猟、乱獲により生命を落とす野生動物たちの現実を表現する手段に選んだのが、今や家庭にまで浸透してきた3Dプリント技術。キーワードは、その再現性だ。

テクノロジーをもってしても
復元できないものがある

2c86b8208c8921865852eacef0027235ddab8ca2

サバンナに生息するアフリカゾウ。インドゾウやマルミミゾウと共にレッドリストに登録される彼らの一番の外敵は、皮肉にも象牙を狙う人間たちだ。

ゾウの脚元から胴体、長い鼻と牙を通って、次第に輪郭が現れてきた。体躯の上を水平に走るチューブはプリンタの先端。つまりは、3Dプリンタを用いてゾウの躰を再現している途中段階が表現されているのだが…。まるで、製作工程で主電源を切ってしまったような中途半端な状態。けれど、これが完成形なのだ。

この違和感が表現するものこそが、絶滅への危惧だとIFAWは説明する。そこには内臓や肉の付き方が生々しく再現されているものだから、余計にリアリティが増して感じられないだろうか。

代替も復元もできない
それが、自然環境

F092548f0faa47c5d345e95a13968f2f6f2f4a80517b7058c2c523f0363c8751b183d5825d74b9fd

パーソナル3Dプリンターのみならず、3D出力を事業化するサービスの台頭に始まり、医学応用、さらにはファッションとして、3Dプリントの技術進化は、もはや生活環境に直結するテクノロジーだ。

けれど、どんなに技術革新が進んだとしても、自然環境の代替だけはテクノロジーだけではカバーできない。この未完成の動物たちこそ、「代替も復元も利かない」というIFAWが発信したいメッセージそのものだ、と「designboom」。デザインとしての秀逸さに加え、シンプルでありながら強力なメッセージに高評価のコメントだ。

3302c5a4ac65686275f907e30a887fccbdbbcd4d3cac31e68cbc456df2ece314240b97cc0f6ed54c

なお各イメージの右下には、IFAWロゴと共にここんな一文が表記されている。

「If only they were this easy to reproduce」
(もしも、彼らがこれくらい簡単に再現できたなら…。)


Photographer:Yann Robert 
3D artist:Olivier Djalayer

Reference:designboom
Licensed material used with permission by Y&R
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。