【世界初】エアバス社が3Dプリンターで「電動バイク」を作った理由とは?

ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。最近では3Dプリンターで様々な新素材を使うことができるようになり、用途を飛躍的に拡大しているのです。

この見た目!

バイクのフレームは強度計算が重要だと言われます。軽量、かつ丈夫さを両立しようとした「骨格」が、よく言えばスタイリッシュ、悪くいえばちょっとグロテスク。

大人なら軽々
持ち上げられる!

フレーム重量はなんと6kg。全体でも35kgという驚きの軽さで、大人なら簡単に持ち上げることができます。

フレームの材料は、独自に開発した「Scalmalloy®」という、チタンよりも強度の高い特殊アルミ合金で、もともとは航空宇宙産業への用途を見込んで開発されたもの。

一体、どのくらい
スピードが出るの?

リリースによれば、最高速度は80km/hも出るそうです。なんと、ゼロ速度から45km/hまで加速するのに、わずか3秒しかかからないとのこと。

気になるお値段、
約600万円!

価格はなんと5万ユーロ。日本円にして約600万円です。生産は50台限定で、予約するためには保証金として2,000ユーロ(約25万円)が必要とのこと。

ちなみにこのバイク、日本でナンバーが取れるんでしょうか。6,000wの定格出力を持ち、とてもパワフルなLight Riderですが、日本では軽二輪(126cc〜250cc)扱いで申請が可能になる模様。輸入新規登録扱いで申請すれば、ナンバーを取得することも不可能ではなさそうです。

エアバス社やボーイング社は、多くの部品を3Dプリンターで製造していて、すでに実用化もされていて、空を飛んでいるとか。

APWorksのエンジニアであるステファン・スタール氏はこう語ります。

「我々はこのLight Riderで、将来の都市のモビリティビジョンをデモンストレーションしているんだ」

3Dプリンターは、その設計データを共有して、第三者でも簡単に同じものをプリントすることができるオープンマインドを拡張するものです。

すでに、世界中のエンジニアのために自動車のエンジンやジェット機のタービンなどのデータを共有しているサイトもあるほどです。「Light Rider」の設計データも、今後世界中で共有され、ますます改良されていくのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by AIRBUS APWORKS
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...