真っ白な「HONDA CB500 Four 1972年モデル」

憧れのCB500
手に入らないのなら
造ってしまおうと思った。

© Ultimaker

1970年代初頭、新しいタイプのスポーツ車として発売されたHONDA CB500 Four。それを3Dプリンターを使って原寸大で再現したのは、造形アーティストアーティストJonathan Brand。

昔から憧れの一台。ずっと欲しかったんだけど、いろんな理由が重なって購入には至らなかったんだ。だけど、いまこうして自分の手で形を再現できるなんて。

Brandが、3Dプリンターを駆使したアートに惹かれていったのは3年前のこと。「Ultimaker」というプリンターを独自にカスタマイズし、パソコン上で設計した複雑な形も、薄さを保ちながら出力できる仕様に。なんとその薄さ1mmだそう。

Cf5afbfaa66c8b1bf74b450159f169eb3b39b319
©Ultimaker

シングルヘッドのプリンターでバイク一台を印刷、いったいどれだけの時間がかかったのでしょう。なんでも、すべてのパーツを出力だけでも、費やした時間は丸一日だったとか。

それをひとつひとつ、ていねいに溶接していくと、だんだん原型が現れてきました。

74401fb45227aff06fa92577a4807157fe9a7eac
©Ultimaker
776296875a80be8a1c4cc7d24aadac3caa094503
©Ultimaker
319206f91ec4aae488caca222f0a0a7a5509632f
©Ultimaker
0786fdfe4d256456a7a1d30cd5bfa285173f3817
©Ultimaker
5401c4283f761cac425fa68ebee8bdff8abdca5b
©Ultimaker
6c9edfd97ab9bb04379fcd4c0f696c58ba4150d4
©Ultimaker
3746e214bd2f119437fc8b9f37803951557ac652
©Ultimaker

Brandの夢、ここに結実。

Top image: © Ultimaker
Reference: Ultimaker
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
2015年12月25日(金)、サッカー日本代表の本田圭佑が『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』にてイベントを開催。子どもたちと一緒...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...