真っ白な「HONDA CB500 Four 1972年モデル」

憧れのCB500
手に入らないのなら
造ってしまおうと思った。

© Ultimaker

1970年代初頭、新しいタイプのスポーツ車として発売されたHONDA CB500 Four。それを3Dプリンターを使って原寸大で再現したのは、造形アーティストアーティストJonathan Brand。

昔から憧れの一台。ずっと欲しかったんだけど、いろんな理由が重なって購入には至らなかったんだ。だけど、いまこうして自分の手で形を再現できるなんて。

Brandが、3Dプリンターを駆使したアートに惹かれていったのは3年前のこと。「Ultimaker」というプリンターを独自にカスタマイズし、パソコン上で設計した複雑な形も、薄さを保ちながら出力できる仕様に。なんとその薄さ1mmだそう。

©Ultimaker

シングルヘッドのプリンターでバイク一台を印刷、いったいどれだけの時間がかかったのでしょう。なんでも、すべてのパーツを出力だけでも、費やした時間は丸一日だったとか。

それをひとつひとつ、ていねいに溶接していくと、だんだん原型が現れてきました。

©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker

Brandの夢、ここに結実。

Top image: © Ultimaker
Reference: Ultimaker

関連する記事

「Honda」は東京・大阪で開催される「モーターサイクルショー」の中止を受け、Webサイト上でバイクの展示をおこなう「バーチャルモーターサイクルショー」の...
長時間のドライブによる気づかない脱水=「かくれ脱水」に警笛を鳴らすため、 「HONDA」より、移動時間に応じて必要な量が入っている「Honda DRIVE...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ネコは、長い時間寝る子→ねるこ→ねこという名になったという説があるくらい、よく眠る動物。そんな彼らも、飼い主を起こすことがよくあります。おなかがすいたから...