真っ白な「HONDA CB500 Four 1972年モデル」

憧れのCB500
手に入らないのなら
造ってしまおうと思った。

© Ultimaker

1970年代初頭、新しいタイプのスポーツ車として発売されたHONDA CB500 Four。それを3Dプリンターを使って原寸大で再現したのは、造形アーティストアーティストJonathan Brand。

昔から憧れの一台。ずっと欲しかったんだけど、いろんな理由が重なって購入には至らなかったんだ。だけど、いまこうして自分の手で形を再現できるなんて。

Brandが、3Dプリンターを駆使したアートに惹かれていったのは3年前のこと。「Ultimaker」というプリンターを独自にカスタマイズし、パソコン上で設計した複雑な形も、薄さを保ちながら出力できる仕様に。なんとその薄さ1mmだそう。

©Ultimaker

シングルヘッドのプリンターでバイク一台を印刷、いったいどれだけの時間がかかったのでしょう。なんでも、すべてのパーツを出力だけでも、費やした時間は丸一日だったとか。

それをひとつひとつ、ていねいに溶接していくと、だんだん原型が現れてきました。

©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker
©Ultimaker

Brandの夢、ここに結実。

Top image: © Ultimaker
Reference: Ultimaker
「Honda」は東京・大阪で開催される「モーターサイクルショー」の中止を受け、Webサイト上でバイクの展示をおこなう「バーチャルモーターサイクルショー」の...
長時間のドライブによる気づかない脱水=「かくれ脱水」に警笛を鳴らすため、 「HONDA」より、移動時間に応じて必要な量が入っている「Honda DRIVE...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時に自動車の運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定。
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
8月30日から「HondaGO」の第二弾がスタートしている。今度はMVではなく、無料バイクレンタルサービスだ。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。