世界初となる「レベル3」の自動運転技術を搭載した市販車を「HONDA」が発売!

3月5日、「HONDA」が市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化したフラッグシップセダン「レジェンド」の新型を発売した。

新時代の新たな一歩として搭載した先進安全技術「HONDA SENSING ELITE(ホンダ センシング エリート)」により、高速道路での渋滞時にシステムが運転操作を担ってドライバーは前方を見ることなく、カーナビ画面でエンタメコンテンツを視聴できる他、スマートフォンの操作も可能になる(ステッカーを貼ることで自動運転車であることを示す必要あり)。

居眠りや運転席を不在にすることができないよう車内のセンサーが検知し、いつでもドライバーが運転に戻れることが条件。こんな機能がしっかり盛り込まれているのも先進的だ。

以前に『TABI LABO』でも紹介した市場投入の発表時点から、高い期待があった新型「レジェンド」。高級車ではあるが、ここから実用化が拡大し、より低価格の他車種へ展開されることを期待したい。

©HONDA
©HONDA

『Honda SENSING Elite 搭載 新型「レジェンド」』
【販売】100台限定生産
【価格】1100万円(税込)
【動力】V6型3.5リットルエンジン+ハイブリッドシステム搭載
【タイプ】ADW車のみ

Top image: © HONDA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事