ラストワンマイルを「ロボット犬」が担う宅配システム

たくさんの企業が自動運転車を使った宅配システムを発表しています。でも、課題として指摘されていたのが「道路から玄関までの配達をどうするのか?」ということ。

ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が考えたのは、ロボット犬を使うという解決方法でした。

「CUbE」と名付けられた自動運転車が宅配センターから利用者の建物までに行くというのは、他の企業と大差はありません。ユニークなのは、その自動運転車がロボット犬を積んでいて、彼らが道路に降りて、玄関まで荷物を届けるという仕組み。

簡潔にまとめると、ラストワンマイルの最後をロボット犬が担ってくれるのです。

おかげで、利用者は自動運転車のみによる配達より、ちょっとだけラクができるようになります。少しの改善にも思えますが、何度も宅配便を使うことを考えると、この差は大きく感じるのではないでしょうか。

Top image: © Continental AG
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。