不便な「宅配ボックス」が気になる!

宅配業者が存在に気付かないかもしれない、気付いても荷物の入れ方がわからないかもしれない、鍵も付いていない、大きな荷物は入らない……。

必要な機能がほとんど備わっていない、不便な「宅配ボックス」を発見!

©有限会社D-WEBER

これは、名前を「TOUROU(トウロウ)」といい、庭や玄関をいろどる灯籠にヒントを得て、自動車部品を中心に幅広いデザインを手がける「有限会社D-WEBER」と、愛知県・安城市の板金加工メーカー「有限会社シンケン」が共同開発したもの。

“自社の名前を世に広めること”を最大の目的に、有限会社シンケンが誇る技術力を詰め込んだところ、機能性には優れない、しかし、思わず「どんな人たちがデザインして実行したのか気になってしまう」ような奇抜なデザインに行き着いたという。

©有限会社D-WEBER

上から2段がボックスに。パネルがガルウィングのように開きその際のムダなく美しい佇まいこそがTOUROUの魅力だ

是非、不便さをユーモアとして楽しんでほしい商品だが、同時に、大きな荷物が入る1段ボックスタイプも発表。

予測販売価格は10〜15万円ほど。あくまで技術力のPRを目的としたコンセプトモデルであり、どちらも発売情報は公表されていない。

まずはコチラの動画でも見て、自分が使用しているイメージを膨らませてみては?

© DW 4DESIGN / YouTube
Top image: © 有限会社D-WEBER
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事