ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

雨の日も風の日も、日々大切な荷物を届けてくれるスタッフに、これ以上を求めるのは酷かもしれません。でもやっぱり、ワガママを承知で言わせてください。

「17時〜19時」のようにお届け枠が2時間単位だと、いまかいまかと自宅待機している時間が、どうしても惜しく感じてしまうのです。もちろん、ピンポイントで時間を約束するのが難しいという事情は、重々理解しているんですけどね。

ところが、そんなすべての消費者が感じているであろうお悩みを、物流とITの掛け算が解決してくれるかもしれません。もしこの取り組みが実現したら、私たちはもっと自由なライフスタイルを手に入れられそうです。

配送時間枠を
10分単位で指定できる

端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲しい場所で荷物を受け取ることができるのです。

通常の宅急便と同じ8時~21時がお届け時間。でも、これまで2時間単位だった配送時間枠を10分単位で指定することが可能に。

「欲しい場所」もこのように設定。到着3分前には、丁寧に電話で連絡してくれます。

到着後、QRコードの読み取りor 受け取り番号の入力でBOXのロックを解除、受け取りという流れ。

20時50分帰宅でも、間に合う。

もっとも恩恵を受けるのは、会社勤めの人でしょうか。

これまでは、一番遅い時刻「19時〜21時」に設定しても、19時過ぎに来ることもあれば、21時直前に来ることもあるなどバラバラ。後者であれば間に合ったのに…なんてケースは一度や二度ではないはずです。

でもこれなら、20時50分帰宅でも安心してOK。

ほかにも、ママ友とカフェでランチ中に。あるいは、公園で子どもと遊んでいる時に。

「ロボネコデリバリー」は、現在、神奈川県藤沢市で試験サービスを実施中。2018年内に一部エリアで、自動運転での実用化を目指しているとのこと。これからは、あなたが宅配時間に合わせるのではなく、あなたに合わせた宅配になるのです。

※ロボネコヤマト®はヤマトホールディングス株式会社の登録商標です

Licensed material used with permission by ヤマト運輸
他の記事を見る
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
社会問題になっている再配達増。この状況を打開するのは、ハイテクでもなんでもない、こんなアナログでシンプルな「BAG」かもしれない。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
宅配便の荷物を盗まれた元NASAエンジニアのMark Roberさんは、「Glitter Bomb Trap(グリッター爆弾の罠)」で泥棒にリベンジ!一部...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
三度のメシよりネコが好き―。そんな愛猫家のみなさま、お待たせしました。今回は、クロネコが小さな箱を組み立てるという、シュールでありながらも“やっぱり”カワ...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
先に説明しておくと、この大きな水色の物体は、荷物運搬ロボット「Gita(ジータ)」。基本的には、買い物のお供として開発されたもので、最大18kgまで荷物を...
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...