引っ越し条件「宅配ボックスあり」な人へ

定番の引っ越し条件といえば、「バストイレ別」「南向き」「2階以上」「駅近」などなど。でも個人的には、これらと同じくらいこの条件もとても重要なんです。

「宅配ボックスあり」

一人暮らしで帰りが遅いと、なかなか荷物の受け取りができず、再配達依頼を何度もしてしまいがち。コンビニ受け取りにしても自宅まで運ぶのが億劫だから重たいものは注文したくない。水や米など、毎日消費する重たいものなんかは、できればネットで買いたいんだけどなぁ。

アメリカでは荷物を玄関前に置いていかれる、いわゆる「置き配」が一般的だけど、当然盗難被害などのトラブルも多いみたい。自宅内に配送してくれるサービス「Amazon Key」は日本未導入だし……。

シンプルでアナログな
"おりたたみ受け取りBAG"

生活するうえでの“ちょっとした不便さ”を解消してくれるのが、この折りたたみバッグ「OKIPPA」。玄関先に吊るしておけば、宅配業者が袋を広げ、中に荷物を入れてくれるという、なんともアナログ感満載なバッグです。

シンプルな発想のアイテムだからこそ、設置工事などの手間はもちろん、設置スペースも不要。専用アプリと連携すれば、宅配完了後に通知が届きます。

とても簡易的だけど、これが普及すれば再配達問題の打開策になりそう!

エコバックから着想を得たこのバッグ。これを吊るして、

広げたら、

チャックを下ろし、

荷物を包む。

オートロックには
要注意

日用品などの単価の安い商品は置き配バッグで受け取るなど、多様化する購入商品に合わせた受け取り方法を選択可能にしたい

と開発者さん。
私たち消費者とお店、そして宅配業者の三者の負担が減るのは理想的ですよね。

泣く泣く「宅配ボックスあり」物件に住めていない人も、これで気兼ねなくサクサク日用品ショッピングができそう。ちなみにオートロックのあるマンションに住んでいる場合、宅配業者が不在時に入ってこれないから、大家さんにご相談を!

Licensed material used with permission by Yper株式会社
他の記事を見る
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲し...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
宅配便の荷物を盗まれた元NASAエンジニアのMark Roberさんは、「Glitter Bomb Trap(グリッター爆弾の罠)」で泥棒にリベンジ!一部...
ナイジェリアの一部の大富豪は、自国から電話でロンドンのピザを注文。ブリティッシュ・エアウェイズを利用して届けてもらうといいます。普通じゃ考えられないような...
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
「Sargento Foods」がシカゴのピザレストランと広告代理店とコラボして実現させた、新作チーズを美味しく食べてもらうためのキャンペーン。ピザの注文...
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。