Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?

英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物かごに入れて、決済ボタンをポチっ。それから待つこと13分、空からドローンが降りてきて、自宅前の敷地に商品を置いていきました。

これは12月7日、初めてドローンによる宅配を実現させたAmazonが公式に発表した内容。積載重量や飛行距離、いろいろと制限はあるにせよ、「ドローン宅配」いよいよ現実味を帯びてきたことを実感させるニュースです。

宅配ドローンが飛び交う未来

実用化に向けて開発が進むドローンを利用した宅配サービスは、Amazonのほかにも、Google、ウォルマート・ストアーズなど各社が実証実験を行ってきました。

注文を受けてから30分以内の配送を目指してオペレーション化を進めてきた同社。今回ドローンによるサービス「Prime Air」を利用したのは、拠点となる物販流通センターの施設から13.4km圏内に住むAmazonプライム会員のユーザー。

ただしドローン宅配の積載量は最大でおよそ2.3kg、とまだ運べるものにはかなり制限がついてしまう。現に無人宅配を経験したユーザーの一人がオーダーしたのは、Fire TV Stickと犬用ビスケットだったそう。

それでも、会員が商品をオーダーしてからユーザーの元へドローンが到着するまで、かかった時間はたったの13分だというから驚き。

オーダーから商品到着まで
わずか13分!?のからくり

では、実際にオーダーしてから商品が到着するまで、Prime Airの心臓部に潜入し、ひと足早くドローン宅配の未来をイメージしてみませんか。

専用アプリ「Prime Air」を使って、まずは自宅でショッピング。

決済ボタンをポチッと押した瞬間、Amazonの物流センターに依頼が届きました。スタッフがすぐさま商品をピックし、段ボールに梱包。

段ボールはコンピューター制御されたベルトコンベアに乗って、配送用ドローンの待つドックへ。そして、商品が内蔵したカーゴに積み込まれていきました。すると…。

なんとも物々しい雰囲気でシャッターが開き、そのまま屋外までカタパルト(射出機)がググッと伸びてフライト準備完了。最後にオペレーターがPC上で離陸の合図(クリック)すると…荷物を載せたドローンは空高く飛び立っていきました。

上空数十メートル、GPSに導かれて安定したフライトを続けるドローン。目的のユーザー宅を見つけると、ゆっくりと下降を開始しました。

着陸地点へナイスランディング!カーゴのレバーを外して、さっと商品の入った箱だけをそこに置き、すぐさま飛び立つPrime Airでした。

とここまでを見ても分かるように、ある程度の重さのものであれば、積んで、飛んで、置いてくることのオートメーション化は実証できた。ですが、悪天候時の飛行や、そもそも地面に置きっぱなし状態になってしまう点など、実用化に向けての検討事項も、きっとAmazonは持ち帰っているはずです。

それこそ宅配ピザじゃないけど、30分以内をウリにするならば、ユーザー(もしくは代理で受け取れる人)が届け先にいることが前提。こう考えれば、指定した場所に商品が置きっぱなし、ということもないのかな。

Licensed material used with permission by Amazon
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「ANAホールディングス」と五島市は「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」などと協力し、長崎県五島市における有人島間のドローンを用いた物流網の構築を目...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...