「手のひらサイズ」のドローンが予約開始!3万円で機能も充実

ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たとえば、

・高画質撮影できる
・スマホで操作できる
・自動追尾してくれる
・持ち運びがラク

などなど。そう考えると、「ONAGOfly」はいい感じかも。重さ140グラムで手のひらサイズと手軽ですが、機能は多彩。

こんなふうにポイっと投げれば飛び立ちます!

自動追尾しながら録画でき、

画質は
「iPhone 6s」と一緒!

画像は15メガピクセル、動画は1080/30pで撮影可能。操作はすべてスマホから。

①メニュー
②解像度・電池・電波・GPSなど
③前進・後退など
④基地へ戻す・離着陸・自動追尾
⑤本体ステータス
⑥方向転換
⑦撮影メニュー
⑧カメラロール

スマホの傾きで本体を操作するモードもあるので、ゲームみたいにコントロールして遊ぶのも◎。

Wi-Fi接続して使うので、スマホ画面に撮影風景がライブストリーミング中継されます。

アクティビティのモニターにも

使えるし、

笑顔を認識して
自動撮影

なんて機能も。風速は3.3m/sまで耐えられ、操縦範囲は30メートル先まで。それより遠くなると自動で停留する仕組み。さらに…

赤外センサーで
障害物を避ける!

優秀ですね。これなら安全そう。

飛行だけなら15分、撮影は最大12分までできますが、32GBのmicroSDカードを本体に挿せば、動画だけで280分のデータが保存できます。充電はUSB式。

プロペラがプラスチックで出来ているため、万が一ぶつかっても比較的安心。日本から購入する場合は、199ドル+送料25ドル(244ドル、約28,500円)で事前予約できます。大きすぎず、小さすぎず、手軽だけどちゃんと撮影ができるので、入門機にはピッタリかも。

Licensed material used with permission by ONAGOfly
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...