ドローンによって暴かれた「死海のリアル」

エメラルドグリーンやターコイズブルーに輝く美しき死海。でも、その水が溜まっている部分は、地表に大きな円形の穴があくシンクホールと呼ばれるもの。

現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしまったとのことだ。

ドローンによって暴かれた「死海のリアル」を見てみよう。

#1

#2

#3

#4

#5

#6

現実や背景を知ると、不思議なことに死海が悲鳴をあげているようにも見えてくる。この問題は、イスラエル国内でも非常に大きな問題として様々な議論がなされているようだ。これ以上、死海が死に向かわないようにベストな解決策を望んでやまない。

Licensed material used with permission by Tzvika Stein
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...