Jeff Kido

Jeff Kido

TABI LABO ライター

カナダ滞在後、外資系広告会社を中心にコピーライターとして活躍。ネイティブ・アメリカンのナバホ族から日本人初のインディアン・ネームを授かった旅など四十ヶ国を放浪する。TCC(東京コピーライターズクラブ)会員。著書に『今日は、死ぬにはいい日だ。』『コピーライター放浪記』がある。
山本が書き綴ったのが「男の修行」と呼ばれるメッセージ。これは、警察予備隊、保安隊、自衛隊の教育方針として引き継がれているだけでなく、経営者や指導者のための...
世界三大河川から、世界三大スープまで…世界を代表する3つの事物は、仕事やプライベートを問わずに耳にする機会が多い。無数にある中から、独断と偏見でピックアッ...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.59
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.58
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.56
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.55
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54
「成功も失敗も終わりではない。肝心なのは続ける勇気だ」                 ーウィンストン・チャーチル「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.53
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.52
この100年間、世界人口は増加を続けてきた。あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.47