現代に生きるすべての人へ。未知なる国「キルギス」からのメッセージ

キルギス共和国。その国の名前を聞いたことはあるだろう。が、はっきりとどこにあるかを答えられる日本人は少ないのではないだろうか。正解は中央アジア、中国の左側に位置する。

この国では、馬は自由のシンボルとして認識されている。子供の頃から馬に乗るのは当たり前で、14歳になると自転車を買ってもらうのと同じ感覚で、馬を与えられるという。キルギスには、次のようなことわざもある。

「馬は人間の翼である」

映画『馬を放つ』では、何か大切なことが忘れ去られようとしているキルギスを危惧して製作されたという。しかし、それは、この国に限ったことではない。グローバリゼーションが進むことで、伝統を忘れてしまいがちな僕たちへの警鐘とも読みとることができる。

キルギスとは?

6019567457402880

キルギスは、ソ連崩壊後、26年前に独立した。首都はビシュケク。宗教は主にイスラム教だ。イスラム教徒といえば、中東を思い浮かべる人も多いだろう。しかし、意外なことに、世界的にみて、ムスリムの居住地域の半数以上を占めるのは、パキスタン、インドネシア、インドをはじめとしたアジアなのである。

本作品の舞台になっているのは、首都から300kmほど離れたトゥラスという村。昔ながらの生活や自然がたくさん残っているそうだ。本作では、牧歌的で異国情緒あふれる美しい映像が登場する。それを観ているとキルギスを旅している気分に浸ることができる。

「己のルーツを確認せよ」
というメッセージ

4896385459552256

「ある晩、夢を見た。白馬に姿を変えた馬の守護神カムバルアタが言った。“はるか昔、私たちはお前たち人間を友と信じ、この地に生きてきた。ところが、お前たちは自分を神だと思い込み、自然を壊し、富と権力を手に入れるために…”

これは、主人公のケンタウルスが涙をこぼしながら、自分の思いを吐露するシーンで放たれるセリフ。グローバリゼーションの波によって、様々な変化に襲われていることを象徴している。じつは、このセリフはアドリブだったとのこと。撮影中に興奮して、次々に言葉が溢れてきたようだ。

我々は何者で、どこから来たのかー。自分たちのルーツを見つめ直すことは大切だ。僕は、スクリーンに向かいながら、改めてその重要性にハッとなった。

物語のベースは実話

4789482112942080

この作品は、第90回アカデミー賞®外国語映画賞キルギス代表になった他、第67回ベルリン国際映画祭パノラマ部門国際アートシネマ連盟賞、ベルギーMOOOV映画祭2017最優秀作品賞など世界中で受賞を重ねている。

ちなみに、主人公を演じたアクアン・アリム・クバトは本作品の監督でもある。劇中で両手を広げる見事な騎乗を披露しているシーンはかなり印象的だ。

このストーリーは、彼の村で起きた実話に基づくということ。キルギスの現状を危惧して映画化までして伝えたかったのは、果たしてどんな想いなのか。ぜひ、スクリーンで確認を!

6465766509510656582328865993523250955119545548804950089193750528

『馬を放つ』
2018年3月17日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by馬を放つ
ハッキリしたイメージがないからこそ、真っさらな目でみたら……。
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
【速報】TABI LABO、可愛すぎる「天才指揮者」を発見!キルギス共和国のとある教会。聖歌を歌っている合唱団の後ろで見事に指揮を執る女の子。感情の高ぶり...
ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。主人公は、引きこもりのホ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
「あなたは何人ですか?」と聞かれたら、多くの人は迷わずに答えられるでしょう。また「嫌いな国はありますか?」という質問にも、少し考えるかもしれませんが、ほと...
名言。この言葉に感化されたアーティストのJustin Petersは、人類が未知へと足を踏み入れた夢のような現実を生み出した。彼の世界の中は、可能性に満ち...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ヘルズ・エンジェルズは、アメリカの暴走族…ではない。日本の族と比べてはいけない。奴らは、世界最凶のモーターサイクルギャングだ。収入元は、非合法なものばかり...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...