インドの寺院には、見ちゃいけないような風景が広がっていた──。

紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。

彼がカメラを構える対象は、名前は聞いたことがあるけど、なんだかイメージは湧いてこない…という国。例えば、パキスタンやアフガニスタン、タジキスタン、マリ、コートジボワール、ウガンダなどなど。

現実とは異なる印象を覚えられやすい場所を撮り、その被写体の魅力と写真の力強さで、多くの人の考えを変えたいのだとか。さらには、旅をしている気分になってもらいたいそうです。

ヨガやカレーだけじゃない
「インド」の建築美

ここで取り上げるのは、インド。ヨガやカレーなどのイメージもありますが、建築も有名です。よく見られる外観だけではなくて、内装の様子も見ていきましょう。

寺院の中を覗くと、礼拝をしている人々。「邪魔ではないかな?」や「見てよかったのかな?」という気持ちになってしまいます。

メールでコミュニケーションをとったときには、快く記事化に協力してくれたChristopherさん。やっぱり、写真は撮る人の性格によっても、良さが変わってくるのかもしれません。彼Instagramのアカウントには、他にも心を奪われるような景色が広がっていますよ。

さらに、Christopherさんは3月22日〜4月24日の間に、ロンドンのRoyal Geographical Societyにて、展示会「The Artisans of al-Darb al-Ahmar: Life and Work in Historic Cairo」を開くそうです。

Licensed material used with permission by Wilton Photography(HP), (Instagram)
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。