インドの寺院には、見ちゃいけないような風景が広がっていた──。

紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。

彼がカメラを構える対象は、名前は聞いたことがあるけど、なんだかイメージは湧いてこない…という国。例えば、パキスタンやアフガニスタン、タジキスタン、マリ、コートジボワール、ウガンダなどなど。

現実とは異なる印象を覚えられやすい場所を撮り、その被写体の魅力と写真の力強さで、多くの人の考えを変えたいのだとか。さらには、旅をしている気分になってもらいたいそうです。

ヨガやカレーだけじゃない
「インド」の建築美

ここで取り上げるのは、インド。ヨガやカレーなどのイメージもありますが、建築も有名です。よく見られる外観だけではなくて、内装の様子も見ていきましょう。

寺院の中を覗くと、礼拝をしている人々。「邪魔ではないかな?」や「見てよかったのかな?」という気持ちになってしまいます。

メールでコミュニケーションをとったときには、快く記事化に協力してくれたChristopherさん。やっぱり、写真は撮る人の性格によっても、良さが変わってくるのかもしれません。彼Instagramのアカウントには、他にも心を奪われるような景色が広がっていますよ。

さらに、Christopherさんは3月22日〜4月24日の間に、ロンドンのRoyal Geographical Societyにて、展示会「The Artisans of al-Darb al-Ahmar: Life and Work in Historic Cairo」を開くそうです。

Licensed material used with permission by Wilton Photography(HP), (Instagram)
他の記事を見る
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。