マイケルの「スリラー」がインドで突然変異した結果…

音楽史に燦然と輝くスタンダード・ナンバー、その知られざるリメイクやカバー・バージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」

今回ピックアップしたのは、“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの金字塔的ナンバー「スリラー(Thriller)」です。

そのミュージック・ビデオは既成概念を打ち破る約14分にも及ぶストーリー、1億円以上ともいわれる巨額の制作費、精巧かつ生々しい特殊メイク……と、すべてが規格外で、1983年に発表されるや一大センセーションを巻き起こしたのはご存知のとおり。今見てもまったく色褪せない、どころか、そのインパクトは未だ鮮烈ですね。

独自の進化をとげた
インド版「スリラー」

この「スリラー」の世界観を独自に進化(?)させたインド・バージョンを発掘。これが、いろんな意味でなかなかにスパイシーで…。ともかくは実際の動画をご覧ください!

進化したかどうかはさておき(テンポはちょっと早くなってるけど)、もうツッコミどころ満載だし、何度となく吹き出してしまいました…。

調べてみると、これは1985年に発表されたインドのアクション映画のワンシーンで、キレのいいダンスを披露しているヒゲのおじさんは、インドでは“メガスター”と呼ばれるかなり著名な映画俳優なのだそう。

この他にも「ムーンウォーカー」などいろいろとリメイク、独自のダンスを披露されているので、もっと知りたい!という奇特な方は彼のお名前「Chiranjeevi(チランジーヴィ)」で検索してみてください。

ちなみに本家「スリラー」は最新技術を駆使した“3Dバージョン”が制作中とのこと。こちらも要チェック!

他の記事を見る
音楽に全く興味がない人でも、その名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。マイケル・ジャクソン。そう、“キング・オブ・ポップ”として「スリラー」「バッド」と...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
人類史上最も成功したエンターテイナーと称された、マイケル・ジャクソンの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で、数多く出版されてきました。1992...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。